• BTS(防弾少年団)のJ-HOPEが発売したソロアルバムの販売形態が、韓国ネットで話題になっているという。
  • アルバムは実物のCDではなく、デジタル配信でリリースされたが、それを巡ってファンの間で議論に。
  • 韓国ネットでは、「J-HOPEがかわいそう」という声も上がっている。

BTS(防弾少年団)のJ-HOPEがリリースしたソロアルバムの形態について、一部のファンの間で議論となっているようだ。

BTSソロ活動のトップバッターとなったJ-HOPE

BTSソロ活動のトップバッターとなったJ-HOPE (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

BTSのソロ活動のトップバッターを飾った彼は、7月15日にソロアルバム『Jack In The Box』をリリース。「これまでの概念を打ち破り、成長した姿を見せたい」という彼の思いが込められたアルバムは、“概念を打ち破る”斬新な試みを行った。

それは、音源の発売方法。アルバムは、“フィジカルリリース”と呼ばれる、実物のCDでの販売ではなく、“Weverse(ウィバース)アルバム”というデジタル配信でリリースされたのである。

ところが今、その販売方法について、現在韓国オンラインコミュニティーでは、J-HOPEファンから賛否両論の声が上がっている。

偶然なのだろうか・・他のメンバーであるジンの、ソロアルバム発表のタイミングで勃発した議論であるため、ネットの注目を集めているようだ。

J-HOPEが発売したアルバム『Jack In The Box』のジャケット

J-HOPEが発売したアルバム『Jack In The Box』のジャケット (画像出典:J-HOPE 公式Instagram)

通常、K-POP歌手のアルバムは、少なくとも2種類以上の形態で発売されることが多く、写真集やフォトカード、ポスター、ポストカードなどCD以外の構成品もたくさん封入されている。

しかし、彼のアルバム構成品は、カードホルダー、フォトカードA・B各1枚、QRカードというとてもシンプルなもの。

所属事務所のBIGHIT MUSICによると、「“Weverseアルバム”は、最小限の構成品として製作された実物(フォトカードなど)を受け取り、QRコードを認識した後、アプリケーションを通じて、アルバム全曲を含む写真コンテンツなどを鑑賞できる新しい形態のアルバム」だという。

特徴と長所については、「CD形態のアルバムと同じように損失のない高品質の音源鑑賞が可能であり、紙形態で印刷された写真の代わりに、デジタル形態で高画質の写真コンテンツ鑑賞が可能」と説明している。

実物CDはないが、Weverseアルバムの販売数はサークルチャート(旧ガオンチャート)やハントチャートなど、韓国内の主要アルバムチャートの集計にも反映されるようだ。

ところが、ファンの心理としては、CDなどフルパッケージアルバムで所蔵したいという気持ちが強く、「記念すべき初ソロアルバムなのに・・」「デジタル配信のみは残念」という反応が上がっている。

中には「複数形態で販売されなかったため、販売数が伸びなかった」という意見もあるようだ。

一方で、現在韓国では、アルバムの大量廃棄処分による環境汚染が問題視されている。

ファンが購入特典のフォトカードや、サイン会などへの応募権利を求めて複数形態のアルバムを大量購入するものの、不要となったものは大量廃棄するからだ。

そのため各企業や事務所は、SDGs(持続可能な開発目標)や*ESG経営に向けた取組みとして、アルバムは環境を配慮した自然に分解される紙素材や、環境に優しいインクでの印刷、生分解性プラスチックなどを使うケースが増えている。

*環境(Environment)、社会(Society)、ガバナンス(Governance)の3つの要素を重視した経営方法のこと

つまり、BTSという世界的に影響力の高いグループのメンバーがデジタル配信のみに踏み切ったのは、環境に配慮した良い取り組みであり、評価すべきことである。

しかし、いくら環境保護に貢献してると言われても、ファンは、CDの”実物”が販売されなかったことになかなか納得できないようだ。

Weverseアルバムでの販売は、J-HOPEが初めてではない。

過去には、HYBE傘下レーベル所属のSEVENTEEN(セブンティーン)のアルバム『Face the Sun』、fromis_9(プロミスナイン)のミニアルバム『from our Memento Box』もデジタル配信で発売している。

しかし、この2グループは配信と同時に、CD付きのアルバムの形態も発売しているのだ。つまり、デジタル配信のみの発売は、J-HOPEが初めてということになる。

このことからも、「デジタル配信のみは残念」と訴える彼のファンは「なぜ彼だけが‥」ともどかしさを見せているようだ。

これらの内容について、韓国オンラインコミュニティーにスレッドが上がると、ファンやネットユーザーらが続々と反応を寄せ、議論が起こった。

しかし、投稿主は議論がさらに白熱することを懸念したのか、そのスレッドはすでに削除されている。

ネットユーザーらは、

「ファンが口出すことではないよ」

「今回はJ-HOPE個人の音楽・世界観を世間に伝えたかっただけなんじゃないかな」

「彼自身、今回は販売数量やランキングを重視していないのでは?」

「そもそもこういった議論が上がることを、メンバーも望んでいないと思うけど‥」

「別に彼が事務所で冷遇されている訳ではなく、本人の希望だったのかもしれないよ」

など、ファンをなだめる意見も上がったが、いまだ納得できないファンは、やきもきした気持ちを募らせているようだ。

酒井知亜

韓国のデパ地下が大好き、酒井知亜です。韓ドラファン歴が長いですが、主にK-POP関連の記事を発信しております。韓国SNSで話題の最新イシューやスターの気になる素顔などを、読者のみなさんにわかりやすく伝えることをモットーに奮闘中です。

記事一覧を見る(873件)





BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースにより誕生した。

HYBE(旧Big Hitエンターテインメント)所属。

デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。

ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS 最新記事はこちら(2758)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs