韓国のラッパーアイアンさんが1月25日に亡くなったまま発見されたと報じられた。各種メディアでは、彼の訃報とともに”BTS(防弾少年団)”の名前も言及されている。果たしてその理由とは‥。

韓国で有名なヒップホップオーディション番組Mnet『SHOW ME THE MONEY』出身のラッパー、IRON(アイアン)さん(本名 チョン・ホンチョル)が1月25日に死亡した。

警察などによると、この日午前10時25分ごろ、ソウル・中区(チュング)にあるマンションの花壇で血を流して倒れているアイアンさんを警備員が発見し、通報。アイアンさんは病院に搬送されたが、その後、死亡が確認されたという。

亡くなったまま発見されたと報じられたライアンさん

ライアンさんは今月25日、亡くなったまま発見されたと報じられた(画像出典:namu.wiki)

今回の訃報により、各種メディアではアイアンさんとともに”BTS(防弾少年団)”が言及されているのだが、理由はこうだ。

アイアンさんは『SHOW ME THE MONEY(2014)』でインタビューを受けた当時、BTSとの縁を打ち明けたことがある。彼はデビュー前、ヒップホップクルー”大南朝鮮ヒップホップ協同組合”で活動したことがあり、同クルーにはBTSのリーダーRM、現在BTSのプロデューシングを担当しているSupreme Boi(本名 シン・ドンヒョク)、BTSのメンバーSUGAとラップ対決をしたことがあるi11evn(本名 チェ・イクジェ)などが参加していた。

2010年頃、RMの紹介でBig Hitエンターテインメント(以下、Big Hit)の練習生となったアイアンさんは、BTSのメンバーとしてデビューを準備していたが、ヒップホップからアイドルグループへとコンセプトが変わり、自身が追求する音楽カラーが合わないことでBig Hitを離れたことが分かった。

『SHOW ME THE MONEY』の放送当時、RMがBTSの公式ツイッターを通じてアイアンさんを応援する内容が掲載されたことがあり、2人は普段から親しくしていた間柄だったことがうかがえる。

ライアンさんと親しい間柄だったRM

RMと親しい間柄だったライアンさん(画像出典:BTS公式Twitter)

1992年生まれ。まだまだ若く、自身だけの音楽色でマニアのファン層を確保し、この先の活躍も期待されていたアイアンさん。しかし、これまで各種事件・事故に関わり芸能面より社会面で話題になることが多く、不信を買ってきた。

2016年には大麻草の吸引疑惑で起訴され、懲役8カ月・執行猶予2年を言い渡された際、「以前から大麻草が気になっていた。処罰を覚悟していた。今でも変わらず大麻草は漢方薬だと思っている。酒やタバコが本当の麻薬だ。ヒロポンは当然禁止されなければならないが、大麻草はそうではない」と主張して叱責を受けた。

(関連記事)「大麻は社会に必要な神からの贈り物」 日韓にはびこる薬物汚染と女性蔑視問題

また、2017年には、交際相手との性交渉中に自身の要求に応じなかったとの理由で暴行を加え、通報できないよう脅迫した疑いで懲役8カ月・執行猶予2年と社会奉仕80時間を。また、昨年12月には、自身が音楽を教えていた10代の少年を野球バットで殴った容疑で逮捕され、捜査を受けていた。

そんな中、突然伝えられたアイアンさんの死。現在、警察関係者は知人などを相手に正確な死亡経緯を調査中で、「まだ他殺と疑われる点は発見されていない。捜査中であるため、極端な選択かどうかについては確認できない」と伝えている。

しかし、アイアンさんが亡くなったまま発見された場所が彼の居住地ではないことが明らかになっており、彼がなぜそこで亡くなったのか謎が深まっている。



BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1246)

人気ニュース

BTS 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース