もはや常連と言えるほどアメリカのビルボードチャートを賑わせているBTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)。今週も彼らが新たな記録を更新し、国内外から多くの注目を浴びている。

BTS(防弾少年団 / 愛称 バンタン)が米ビルボードのメインチャートに2週連続で名を連ねた。

去る10日(現地時間)、ビルボードが発表した最新チャートによると、先月21日に発売されたBTSの正規4集’MAP OF THE SOUL:7’が、’ビルボード200’で3位に輝いた。先ごろ成し遂げた’ビルボード200’1位の記録に続き最上位圏を維持し、2週連続でアルバムチャートトップ3にランクインしている。

また、タイトル曲’ON’はシングルチャートである’ホット100’で68位と、アルバムと共に2週連続でビルボードのメインチャートにランクインした。
これに先立ち、’ON’は3月7日付けの’ホット100’にて初登場4位を達成し、K-POPグループの最高記録を樹立している。

ビルボードの常連BTS

もはやビルボードの常連!世界的人気を証明したBTS(画像出典:BTS公式Twitter)

これ以外にもBTSは、’MAP OF THE SOUL:7’で’テイストメーカー・アルバム’と’ワールド・アルバム’でそれぞれ1位、’トップアルバムセールス’と’インディペンデントアルバム’でそれぞれ2位を占め、各種アルバムチャートの上位圏に名を刻んでいる。

また、’ON’は’ワールド・デジタルソング・セールス’で1位、’デジタルソング・セールス’5位にランクインした。

収録曲もまた先週に引き続き、今週の’ワールド・デジタルソング・セールス’1位から10位までチャートに名を連ね爆発的な人気を見せている。

BTSは’ソーシャル50’で139週連続1位に輝き、最多1位と最長期間連続1位という自己最高記録を更新した。また’アーティスト100’では3位を占めた。
2018年8月に発売された’LOVE YOURSELF 結 ‘Answer”は’ビルボード200’で166位を記録し、先週に続きメインアルバムチャートに再びランクインしている。

これらのランキングが表すように、次々と新しい記録を打ち立てているBTSは世界レベルでのアーティストに成長したと言える。加えて、世界においてどれほどの人気を博しているかが証明されただろう。
先週に続き快挙を成し遂げた今週のランキングは、彼らにとってまだ序幕に過ぎない。おそらく来週、それ以降のチャートにも’BTS’の名が数多く刻まれるものと思われる。

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1042)