世界的人気を誇る4人組ガールズグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)。デビュー7年目を迎えた彼女たちの再契約に注目が集まる中、韓国オンラインコミュニティーでは”深刻なBLACKPINK曲数”というスレッドが投稿され、話題となっている。

世界を舞台に活躍中の人気アイドルグループ、BLACKPINK(ブラックピンク)。

世界的人気を誇るガールズグループ、BLACKPINK

世界的人気を誇るガールズグループ、BLACKPINK(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2016年にYGエンターテインメント(以下、YG)からデビューを果たし、今年活動7年目に突入した。

韓国の公正取引委員会が推奨する、”芸能人標準約款による標準契約書”を多くのエンターテインメント企業が採択しているため、BLACKPINKも今年”契約交渉”に臨むと見られている。

BLACKPINKの第2期目が期待される中、韓国オンラインコミュニティーを中心に、ファンから不満が広がっているようだ。

2月20日、韓国の有名オンラインコミュニティーには”深刻なBLACKPINK曲数”というスレッドが立ち「活動期間中にリリースした楽曲が、23曲しかない」と憤るファンの声が集まった。

「人気グループの座をキープしている事が不思議でならない」という論調を展開しているファンは、その原因を”YGの怠慢”と結論付ける。

少し言い過ぎな感もなくはないが「他のガールズグループなら、1、2年で出すほどの曲数だ」という意見も。ちなみに、BLACKPINKのライバルと位置付けされている、有名ガールズグループ(デビュー6~7年目)の曲数を見てみると、100曲以上発表しているグループが少なくない。

BLACKPINKのアルバム販売における業績を見てみると、

  • ガールズグループ初動販売高1位(68万枚)
  • ガールズグループ総販売高1位(単一アルバム/140万枚)

とてつもないセールスパワーを持っているだけに、少ないアルバムリリースや楽曲数に首をかしげるファンが多い。

BLACKPINKファンは「リミックス版を除いたら、さらに少なくなるよね」「活動していないグループが、常にニュースに上がって、ブランド評価も上位にランクインしてるのは純粋にすごいけどね」「23曲のストリーミング数が15億回を超えてるなんて!!!」と、様々な意見が集まっている。

一方「待ち続けるのも、応援するのも本当に疲れた‥」「ファンを疲弊させるYG」「新人デビューにしても、カムバックにしても、計画性が感じられないYG」「量より質にこだわるのはいいけど、待っているファンのことも考えてくれ」と、YGに対して呆れる声や、落胆する声も寄せられた。






BLACKPINK

BLACKPINK(愛称 ブルピン / ハングル 블랙핑크)は、韓国のガールズグループ。2016年にYGエンターテインメントによって結成。
メンバーは韓国出身のジス、ジェニー、オーストラリア出身のロゼ、タイ出身のリサによる4名。公式ファンクラブ名は「BLINK(ブリンク)」。

BLACKPINK 最新記事はこちら(379)

Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs