日本で第一次韓流ブームが訪れ、韓国ドラマや韓国映画がヒットしながら、少しずつK-POPにも関心の目が注がれていた2000年代中盤。韓国で流行っていた曲はバラードが中心だったが、ある曲がK-POP界に革命を起こした。その楽曲を生み出したのがGDことG-DRAGONと、音楽プロデューサーの勇敢な兄弟だ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2006年頃から韓国では、大衆音楽として、SG Wanna Be(エスジーワナビー)、BUZZ(バズ)や、ソン・シギョンなどが歌うバラード系の楽曲が流行り、ソウルの漢江(カンナム)や弘大(ホンデ)など若者が集まるクラブでは、当たり前のように海外のヒップホップがかかっていた。

そんな中、空前の大ヒットを記録し、K-POP界に地殻変動を起こしたのが、ボーイズグループBIGBANG(ビッグバン)の『LIES(コジンマル/嘘)』だ。

2007年にリリースされG-DRAGON(以下、GD)が作詞・作曲したこの楽曲は、元々GDのソロ曲として制作されたものだった。

しかし、BIGBANGの所属事務所YGエンターテインメント(以下、YG)の創立者ヤン・ヒョンソクが、BIGBANGの楽曲としてリリースすることを提案。その結果、韓国国内にとどまらず、海外にまでグループの名を広める爆発的ヒットにつながった。

BIGBANGの『LIES』を作詞・作曲したG-DRAGON

G-DRAGONが作詞・作曲したBIGBANGの『LIES』は爆発的ヒットとなった(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

(関連動画)BIGBANG「噓(거짓말)」 Official MV

BIGBANGはその後もヒット曲を連発。当時の10~20代の若者にとってはカリスマ的存在として、アイドルグループというカテゴリーに入るグループたちとは一線を引く人気を誇るように‥。

その際、この楽曲に編曲を加えていたのが、音楽プロデューサー、勇敢な兄弟(Brave Brothers)だ。K-POP界に新しく”ヒップトロニカ(ヒップホップ + エレクトロニカ)”という音楽ジャンルを生みだし、また確立することに成功。「ヒット曲製造機」とまで呼ばれるようになった人物でもある。

『LIES』の編曲を担当した勇敢な兄弟

勇敢な兄弟は『LIES』の編曲を担当(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

そんなK-POP界に衝撃を与えたGDと勇敢な兄弟が、いま韓国で話題になっている。

GDは昨年、ソロアルバムの制作中というニュースが届き、BIGBANGのメンバー全員が軍を除隊したということでグループでのカムバックも期待されていた矢先、ガールズグループBLACKPINK(ブラックピンク)のメンバー、ジェニーとの熱愛説が浮上した。

一方、勇敢な兄弟に関しては、4年前に制作した、ガールズグループBrave Girls(ブレイブガールズ)の『Rollin’』が時を越え大ヒット中。3月のK-POP界はまさにBrave Girls一色という感じで、その勢いはいまだ続いている。

このBrave Girlsは、勇敢な兄弟がYGから2008年に独立し、代表として設立したBraveエンターテインメント(以下、Brave)所属のガールズグループでもあるのだ。今回『Rollin’』がヒットしたことにより、デビュー10年にして一躍トップガールズグループに躍り出た。

Braveには、ボーイズグループDKB(ダークビー)や、『PRODUCE 101シーズン2』に出演し話題になったソロアーティスト、サムエルなどが所属しているが、現在Brave Girlsや勇敢な兄弟が注目を浴びる中、ほかの所属アーティストたちのさらなる飛躍にも期待がかかっている。

2013年にデビューしたBTS(防弾少年団)が、世界的な”BTS旋風”を巻き起こす中、なかなかネクストブレイクが生まれないK-POP界。

コジンマル(嘘)のような熱愛説、コジンマル(嘘)のようなチャート逆走‥今後GDや勇敢な兄弟が、その高いポテンシャルでまた新たな、コジンマル(嘘)のような変化球を投げ入れてくれるのではないか、という期待にますます拍車がかかっている。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

BIGBANG 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース