2022年1月28日、ガールズグループAPRIL(エイプリル)の解散が電撃発表された。昨年、元メンバーのイ・ヒョンジュに対し、日常的にいじめを繰り返していたという疑惑が浮上し、事実上の活動中止を強いられていた彼女たちだが、突如発表された解散に対し、ネット上では様々な憶測が広がっている。

本日(1月28日)、APRIL(エイプリル)の所属事務所であるDSPメディア(以下、DSP)が、APRILの解散を電撃発表した。

1月28日に解散を発表したAPRIL

1月28日に解散を発表した、APRIL(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

2015年にデビューしたAPRILは、多くのエンターテインメント企業が採択している”*標準契約”に準拠した契約であれば、今年はファン待望の第2期を迎えるはずだった。

*標準契約:韓国政府傘下の公正取引委員会が取りまとめた”芸能人標準約款による専属契約用 標準契約”

しかしファンの願いは叶うことなく、無念の解散。チームの活動は、ピリオドを打たれてしまった。

APRIL、突然の解散‥その理由とは

その原因は、知っての通り、メンバーに対する”いじめ問題”だろう。

APRILは昨年、元メンバーのイ・ヒョンジュに対し、日常的にいじめを繰り返していたという疑惑が浮上。これを受けて、事実上の活動中止を強いられていた。

元メンバーのイ・ヒョンジュ

元メンバーのイ・ヒョンジュ(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

DSP側は「いじめや仲間外れはなかった」と強く否定していたものの、APRILへの非難世論は収まる気配を見せず、結局”解散”という、最悪の結末を迎えることとなったのである。

今回の発表を受け、韓国ネットではイ・ヒョンジュに対して「彼女のせいで‥」と非難する声と、「イ・ヒョンジュの真実が勝った」と擁護する声が混在。

中には「合併前に、APRILをきれいに片付けたかったのか」と、RBWによるM&A(企業の合併・買収)の影響だと推測する者も。

MAMAMOO(ママム)やONEUS(ワナス)など、人気アーティストを擁するRBWが、DSPをM&Aするというニュースが報じられたのは、1月26日の事。

この報道からわずか2日後、DSPを代表するアイドルグループであったAPRILの解散が報じられたため、ファンの推測も無理はないだろう。

RBWがM&Aを通して手に入れようとしたものは、実はDSP所属の”アーティスト(による収益)”ではないというのが、衆論である。

同社が狙いを定めたのは、DSPが持っている音源とアーティストIP(知的財産)という見方が強い。事実RBWは、新事業として音源IP事業に力を入れており、DSPは1000を超える人気音源を保有しているため、両者の思惑が合致し実現されたと見られている。

APRILの解散はRBWの意向?

DSPは、過去にSECHSKIES(ジェクスキス)、Fin.K.L(ピンクル)、Click-B(クリックビー)といった、90年台後半~00年代前半に活躍した第1世代アイドルを輩出しており、30年もの歴史を持つ老舗エンターテインメント企業。第1世代アイドルだけでなく、SS501(ダブルエス ごーまるいち)や日本で人気を博したKARA(カラ)も、DSPが手掛けたグループだ。

日本で人気を博したKARA(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

言い換えればRBWは、DPSの”歴史”を手に入れたのだ。

近年韓国では、空前の90年代音楽ブームであり、過去の音源IPを先制する動きが活発化している。そのため、音源IPビジネスを先占するべく、RBWがDSPの買収に乗り出したのだろう。

今回のM&Aの背景を見る限り、APRILの解散にRBWの意向が影響したという予測は、説得力に欠ける側面もある。

しかし、DSPの事業全般を抱えることになったRBWからすれば、いまだ議論の中にあるAPRILという存在は、”清算すべき[古傷]”と見ているネットユーザーも多いのだ。




この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs