1月28日、9人組ボーイズグループのSF9メンバーであるフィヨンとチャニが、防疫規則違反をしたとして警察から調査を受けていることが明らかになった。SF9は、以前リーダーのヨンビンが新型コロナウイルスに対して軽率な発言をしたと謝罪に至っており、コロナについて軽視している様子が目立っている。

9人組ボーイズグループのSF9(エスエフナイン)メンバー、フィヨンとチャニが防疫規則を違反したという指摘を受け、警察から調査を受けていたことが韓国メディアのニュースエン(Newsen)により報じられた。

対面コンサートを3日後に控え防疫規則を違反し取り調べを受けたチャニ(左)とフィヨン

約2年半ぶりの対面コンサートを3日後に控え、防疫規則違反で取り調べを受けたチャニ(左)とフィヨン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

以下、同メディアを引用してお伝えする。

SF9の所属事務所であるFNCエンターテインメントは1月27日、公式報道資料を通して「1月18日午前1時、SF9メンバーのフィヨンとチャニが、知人らとソウル地域の新型コロナウイルス(以下、コロナ19)の防疫規則を違反したという事実を確認した。2人は知人から連絡を受け、論峴洞(ノニョンニョク)のカードゲームパブを訪れ、防疫規則違反のため取り調べを受けた」と公表したという。

続けて「フィヨンとチャニのこの不注意は、非難されて当然の行動であり、ご心配をおかけしたことについて自責の念を持っており、深く反省し後悔している」と述べ、再発防止のために徹底した管理と対策を講じると謝罪したと伝えられた。

1月27日にSF9の公式ツイッターを通して、直筆の謝罪文を掲載したフィヨンは「全ての健康のために努力している状況で、僕たちの軽率な考えでこのような姿をお見せしてしまい、恥ずかしく思う。僕を大切に思ってくださる全ての方たちに申し訳なく、弁明の余地がない。深く反省する」と綴った。

チャニも「防疫規則を破った明白な僕の過ち。全てがつらい時期に、よくないことで筆を執ることになって申し訳なく思う。今回の行動に対してどんなお叱りも受け、失望させたことをもう一度謝罪申し上げる。ファンの皆さんがくださる愛に恥ずかしくないよう、さらに努力する」と反省する姿を見せた。

SF9は、1月21日から23日の3日間に渡り、ソウルオリンピック公園のオリンピックホールで単独コンサート『2022 SF9 LIVE FANTASY #3 IMPERFECT』を開催、約2年5カ月ぶりにファンと再会し、これを成功裏に終えている。

“ウィズコロナ”の中行われる対面コンサートなだけに、主催側も当然慎重を期した。”ワクチン接種完了証明書”または”PCR音声確認書”を提出、安心コールのチェックイン、体温測定、マスク着用などで防疫守則に努め、公演中は歓声の代わりにクラッパーを利用した拍手に代えるなど対応。

にもかかわらず、彼らが防疫規則を違反した日付は1月18日、公演を3日後に控えていた時だった。ファンに安全性を訴えながら、皮肉にも主催側であるアーティストが防疫規則違反で取り調べを受けるという事態は笑えない冗談だ。

SF9とコロナ19には因縁のようなものがある。

昨年7月、彼らがカムバックした際、メンバーのインソンがミュージカル『レッド・ブック』共演者が新型コロナウイルスに感染したため、濃厚接触者の判断待ちとしてメディアショーケースに参加することができなかった。

その2カ月後、リーダーのヨンビンがV LIVEの配信中、コロナ19の危険を軽視していると思われる発言をして物議を醸し、翌日謝罪することに。

コロナ19を軽視する発言をしたとして謝罪したヨンビン

コロナ19を軽視する発言をしたとして謝罪したリーダーのヨンビン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

さらにNetflix『恋慕』で俳優として活躍し、認知度を高めたロウンは多忙のためワクチン接種ができなかったことが明らかになり、フィヨンとチャニは人一倍注意を払わねばならない立場だった。

SF9は2016年のデビュー後、多様なコンセプトでステージを飾り、音楽放送1位や初動販売数の記録更新など著しい結果を残し始めている。昨年は早くもメンバー全員が所属事務所との再契約を終え、安定的な環境が整った。

ようやく日の目を見るかと思った矢先、軽率な言動で上昇の勢いに自ら水を差した形だ。

最後にニュースエンは「デビュー7年目のSF9は、今一度何をすべきかを考える時なのかもしれない」と締めている。






Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs