北京冬季オリンピックが連日行われる中、韓国アイドルのささいな投稿が非難を浴びるという事態が発生している。aespa(エスパ)のメンバー、ニンニンもその一人だ。中国出身の彼女が2月5日、自国の金メダル獲得に喜びの投稿をしたのだが、競技が競技なだけに批判されてしまったのだ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

アイドルの一挙一動が話題になるのは世の常だが、オリンピックも例外ではない。

金メダル獲得を喜んだニンニンにはネットユーザーから誹謗中傷が。

自国の金メダル獲得を喜んだニンニンにはネットユーザーから誹謗中傷が。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2月4日から開幕した北京冬季オリンピック。連日熱戦が繰り広げられており、日本と時差も1時間しか変わらないことから、寝不足にならずに画面の前で楽しんでいる人もいるだろう。

しかし、そんなオリンピックでも韓国アイドルが議論に巻き込まれているのはご存じだろうか。

その議論の的となった競技は、”ショートトラック”だ。

2月5日、中国はスピードスケート・ショートトラック混合2000mリレーで、今大会第1号となる金メダルを獲得。

これを知ったaespa(エスパ)のメンバーニンニンが、”チャットアプリBubble(バブル)”で「ワオ、今日の夜初の金メダル獲得、うれしい」と投稿。「担任の先生が、オリンピック優勝者2人が同じスクール出身だと教えてくれた、これはすごいこと。運動している子どもたち一人一人を尊敬する」と付け加えた。

彼女のこの投稿が、韓国のオンラインコミュニティーで拡散されると、議論へと発展。なぜなら、中国は準決勝で3位だったにも関わらず、上位2チームが失格判定を受けて決勝へ進出した末の金メダルだったからだ。このレースに関しては、現在も”疑惑の判定”とされ、事態は収束していない。

そのため、韓国ネットユーザーはニンニンに八つ当たりするかのように、攻撃を始めるのだった。

結局、彼女の所属事務所であるSМエンターテインメントが、これを削除。

すると再び「なんでSMはニンニンの投稿削除したの? 恥ずかしくないの?」「さよならニンニン、少し好きだったのにな」「空気読めないの?」「自国に帰ればいいのに」と、さらなる誹謗を繰り返している。

彼女は純粋に、自国が金メダルを獲得したことを喜んだだけなのだが、そのプロセスがプロセスなだけに、ネットユーザーの負の感情を呼び起こすこととなってしまった。

BTSのRMもオリンピックを楽しんでいるだけなのだが‥。

BTSのRMもオリンピックを楽しんでいるだけだったのだが‥。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

また2月7日には、男子1000メートル準決勝が開催されたのだが、この日BTS(防弾少年団)のRMは自身のインスタグラムストーリーで、出場したファン・デホン選手が中国の選手を追い越す動画と共に、拍手と親指を立てた絵文字を付けて応援。

これを見た中国のネットユーザーは、嘔吐している絵文字を付けてRMに送るなど、怒りを露わに。中国の検索ワードランキング上位には、”BTSが中国を批判”、”キム・ナムジュン(RMの本名)が中国批判”という言葉が浮上した。

(関連記事)BTS RM 北京五輪 ショートトラック韓国代表 ファン・デホン選手を応援

ショートトラックは、選手同士が接触しながらレース展開をする競技なだけに、ゴールした後に判定が覆ることは間々あること。これまでのオリンピックでも、“疑惑の判定”と言われてきた試合は数多く存在する。

そんなスリリングな競技だからこそ、見ている方にも熱が入ってしまう気持ちは理解できるが、それを応援しているアイドルに怒りの矢を向けるのは、甚だお門違いではないだろうか。


aespa

aespa(エスパ)は、SMエンターテインメント所属のガールズグループとして、Red Velvet(レッドベルベット)以来、6年ぶりにデビューした新人ガールズグループだ。韓国人カリナとウインター、日本人ジゼル、中国人ニンニンの4人で構成されている。

aespaとは、“Avatar X Experience”を表現する“ae”と、両面という意味を持つ英単語“aspect”を結合させている。

2020年11月17日にシングル『Black Mamba』でデビュー。楽曲発表からわずか61日という短期間で、韓国地上波の音楽番組で1位を獲得するという快挙を成し遂げた。

aespa 最新記事はこちら(75)




[su_spacer size=”30″]

Danmee公式SNS

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs