新型コロナウイルスによりマスクが手放せない状況が依然として続いている現在。この状況の中、韓国ではSNSを中心に‘トッケビマスク’というマスクが流行の兆しを見せている! 韓国SNSで話題のトッケビマスクとは一体!?

終息の気配が見えない新型コロナウイルスの感染拡大。
これに伴い、私たちの生活でもマスクは依然として手放せない状態が続いていますよね。

この状況はお隣の国、韓国でも同じであるようです。
そうした状況の中、現在韓国ではあるマスクが注目を集めているとのこと。

こちらの記事では韓国で話題のマスクに迫ります!

韓国で話題の‘トッケビマスク’

現在、韓国で注目を集めているマスクの名は‘トッケビマスク(ハングル 도깨비마스크)’。
日本語に直訳すると‘鬼マスク’となるこの‘トッケビマスク’はマスクに鬼の柄が刺繍されているもののことを指します。

韓国SNSで話題のトッケビマスク

こちらが韓国SNS上で話題のトッケビマスク!!(出典:INSTAGRAM)

トッケビと聞いてコン・ユ主演の‘トッケビ~君がくれた愛しい日々~’を思い出された方もいらっしゃるのではないでしょうか?
しかし、この‘トッケビマスク’、韓国ドラマの‘トッケビ’がきっかけで注目を浴びた物では無いようです…。

トッケビマスクが注目を集めたきっかけ

‘トッケビマスク’が注目を集めるきっかけとなったのは現在は観光地にもなっている朝鮮王朝の王宮‘景福宮’を守る守門将(朝鮮時代に王宮の門の守護を行なっていた役職)にある様子。

現在では観光地ともなっている‘景福宮’では朝鮮時代に行なわれていた‘王宮守門将交代儀式’の再現が行なわれていました。
しかし、コロナウイルスの感染拡大に伴い守門将の役割を担う人々もウイルスの予防と拡散防止のためにマスクの着用を余儀無くされるも、現代のマスクは伝統的な韓服と合わないという問題点が…。
この問題を解消すべく誕生したのが‘トッケビマスク’!

韓国SNSで話題のトッケビマスク

トッケビマスクにより守られた朝鮮時代と韓服の雰囲気!(出典:Twitter)

鬼の模様が金糸で刺繍されている黒いマスクを従来のマスクの上から着用する事により、守門将も無事に朝鮮時代の雰囲気を損なうこと無くコロナウイルスの感染予防も出来るようになりました。

‘トッケビマスク’でコロナウイルスを追い払いたい人が続出!

そんな‘トッケビマスク’はTwitterを始めとするSNSで「格好いい!」と話題となり、「ウイルスが鬼の模様を見て逃げ出しそう」等という理由から当マスクを求める人が続出する事に。
コロナウイルスが流行する以前から観光地や文化財団のホームページで4万ウォン(日本円にしておよそ4000円)で販売されていたという‘トッケビマスク’。

しかし、コロナウイルスが流行し守門将が着用するようになった後は品切れとなってしまい、現在は入手が難しい状況となっているようです。

‘トッケビマスク’のマスクは違うマスクが流行するかも…?!

コロナウイルスの感染拡大に伴い、爆発的な注目を受けることとなった‘トッケビマスク’。
この状況を受け、現在Twitter等からは「これから更に面白くてユーモアのあるマスクが出てきそう」、「マスクもファッションの時代になってきたね」という声が聞かれています。

韓国でマスクファッションへの関心が高まっている中、日本でも今後‘トッケビマスク’及びマスクファッションの風が吹く可能性が考えられますね!