先月より日本のフジテレビ系列でスタートした、韓国ドラマの日本リメイク版『知ってるワイフ』。本作は放送を重ねるごとに多くの支持を得ているという。原作ドラマが韓国でも爆発的な人気を呼んだこともあり、日韓ともに共感を呼ぶあるテーマが人気の秘密のようだ。

2021年1月よりフジテレビ系列でスタートした、関ジャニ∞の大倉忠義と女優の広瀬アリスが主演を務めるドラマ『知ってるワイフ』。共演に松下洸平や川栄李奈といった旬の俳優を迎え、豪華出演陣と共感を呼ぶストーリーで早くも多くの人気を集めている。

本作は2018年に韓国tvNで放送され、大ヒットとなった同名ドラマを原作にした日本リメイク版だ。
韓国で放送されたtvN『知ってるワイフ』は、俳優のチソンと女優ハン・ジミンが結婚5年目の夫婦役に扮し、ある日突然過去にタイムスリップし、もう1つの人生を選択することで巻き起こる夫婦模様をコミカルに描いたハートフル・ストーリーだ。

ドラマ『知ってるワイフ』は、2018年に韓国で放送され大ヒットした

2018年に韓国で放送され、大ヒットとなったドラマ『知ってるワイフ』(画像出典:tvN公式サイト)

愛を誓い結ばれた2人。だが、慌ただしい日常に追われ、夫婦ともに相手への気遣いができなくなってきた結婚5年目‥、互いに思う事は「こんなはずじゃ無かった」というため息交じりの後悔だ。

誰もが感じたことのある結婚生活の疲れや不満をリアルかつコミカルに描きながら、タイムワープにより新しい人生を経たことで、大切な存在に気付く夫。本作は夫の姿を通して、結婚生活でおろそかになりがちな”相手への感謝の気持ちを忘れない”というメッセージを届けている。

結婚は生き地獄? リアルな描写に寄せられる共感

『知ってるワイフ』が日韓ともに多くの人気を得ているのは、視聴者からの”共感”が理由だろう。

お互いに愛し合い、キラキラと輝く結婚生活を期待して結ばれた2人。
だが、現実は甘い時間だけではない。日々仕事や育児に追われ、年を重ねるごとに増え続ける出費に悩まされ‥といった生々しいまでの現実で埋め尽くされた、24時間体制のヘビーな”日常”が待っている。

大切なのは恋愛時代に感じていた楽しさと喜びを忘れないことなのかもしれない

楽しさと喜びで溢れていた、恋愛時代の気持ちを忘れないことが大切なのかもしれない。ドラマ『知ってるワイフ』(画像出典:tvN)

近年、韓国でも日本でも共働き夫婦が増えたことで、夫も妻も互いにあらゆる負担を強いられているのが現状だ。

未知の世界である出産を経て初めての育児に戸惑ったかと思えば、次は保育園の入園バトル。そして”働くママ”となった妻は、子持ちという理由から職場で肩身の狭い思いをしてしまう。帰宅すれば家事と育児という、想像の斜め上をいくような、抱えきれない”ワンオペ”ミッションが待っているのだ。

一方、夫は家族を養うため必死に働いている。上司の叱責の後は残業と育児の選択に悩まされ、帰宅すれば家事や育児に参加しないとストレスフルである妻からの罵倒が待っている。家のローンを抱え、さらに実家問題にも挟まれた夫は天を仰ぐ思いだ。

大袈裟に感じる部分もあると思うが、おそらく日本、そして韓国に住む共働き夫婦の多くはこのような思いを抱いたことがあるずだ。

現実に目を向けた作品が多く制作される韓国

現在、韓国ではこのような現実に目を向けたドラマや映画が多く制作されている。なかでも多くの支持を得たのがこの作品だ。

映画『82年生まれ、キム・ジヨン』は世界中の女性から共感された

世界中の女性から共感された、映画『82年生まれ、キム・ジヨン』(写真提供:©スポーツ韓国 画像出典:ロッテエンターテインメント)

コン・ユ、チョン・ユミが夫婦役を務め、女性の生きづらさを描いた映画『82年生まれ、キム・ジヨン』と、平凡な女性が普通の結婚をし、嫁として経験する数々のエピソードを描いたことで韓国女性の共感を呼んだ、カカオTVのオリジナルデジタルドラマ『ミョヌラギ』。

(関連記事)出張にいく嫁に姑が「夫のご飯は?」韓ドラ版 ’82年生まれキム・ジヨン’

ともに、現実的な話題のなかでも万国共通のテーマである”結婚”を背景に、身近に潜んでいるうっすらとした不満や疑問、そして誰もが経験したことのある要素を描いている。

今後、日本では『知ってるワイフ』をはじめ上述した作品のように、共感を得るような現実に目を向けた作品が多くリメイクされるのではないだろうか。



人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース