BTS(防弾少年団)の宣伝のおかげか、今年の新譜著作権料の売上高が、昨年より大幅に増加する見通しだ。

世界を股にかけ活躍するBTS

世界を股にかけ活躍するBTS(出典:Twitter)

15日、韓国音楽著作権協会によると、今年1~3四半期の新しいアルバム著作権料徴収額は155億ウォンと集計された。

これは前年の同じ期間の徴収額(106億ウォン)に比べ、45.2%増加した数値だ。

韓国音楽著作権協会は「アルバム著作権料はアルバム製作数に応じて発生する複製著作権使用料」とし「1年間に50%近く成長する事例は、著作権の歴史上で、ごくわずか」と説明した。

また、今回の著作権料徴収額増加の背景には、K-POPの世界的な人気を挙げた。

今年上半期、BTSの3rdアルバム「LOVE YOURSELF 轉‘TEAR’」は、累積販売枚数175万枚を突破し、韓国音楽コンテンツ協会が実施する「GAON認証制度」でアルバム100万枚以上に付与する「MILLION認証」を受けた。

MILLION認証を受けたBTS「LOVE YOURSELF 轉‘TEAR’」

MILLION認証を受けたBTS「LOVE YOURSELF 轉‘TEAR’」(出典:gaonchart.co.kr)

EXO、Wanna One、Red Velvet、TWICE、GOT7、MONSTA Xなども海外で熱い反応を得て、アルバム販売量が増加した。

韓国音楽著作権協会会長は「K-POPを作る私たちの作家のために、相互管理契約を結んだ海外の著作権団体と、さらに活発に協力したい」と伝えた。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (0)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)