• Kコンテンツのオンライン競争力を分析する機関「グッドデータ・コーポレーション」。
  • 今月8日に、2024年5月第1週の「TV-OTTドラマ話題性」を公開。
  • 本記事では、2024年5月第1週の「TV-OTTドラマ話題性」TOP5をご紹介します!

Kコンテンツのオンライン競争力を分析する「グッドデータ・コーポレーション」。

ここでは、膨大なビッグデータをもとに放送&配信コンテンツの話題性を分析し、上位10位までのランキングを毎週公開しています。

去る5月8日には、2024年5月第1週の「TV-OTTドラマ話題性」を発表。

先月28日に最終回を迎えた、2024年韓ドラ界の首位ドラマ『涙の女王』の空席を埋めた作品は、どの人気ドラマなのでしょうか?

そこで本記事では、2024年5月第1週(4月29日~5月5日)の「TV-OTTドラマ話題性」TOP5をご紹介します!

第5位『美女と純情男』(KBS/2024/全50話)

第5位は、去る3月23日より韓国KBSで放送開始した『美女と純情男』でした。

チ・ヒョヌ×イム・スヒャン主演の本作は、トップの座から落ちた女優と彼女の再起のために奮闘する新人ドラマPDが繰り広げるラブコメディ。

4月第4週では、話題性占有率1.69%で第7位だった『美女と純情男』。今回、前週より+1.08の2.77%を獲得し、第5位となりました。

●日本放送情報:2024年5月25日(土) 18時30分~(第1話先行放送)、2024年6月15日(土) 21時10分~(本放送)

画像出典:KBS
美女と純情男
ラブコメディ
KBS/2024/全50話

あらすじ

一夜にしてどん底に落ちたトップ女優と彼女の再起のために奮闘する新人ドラマPDの人生逆転を描いたラブコメディ。

キャスト

イム・スヒャン、チ・ヒョヌ、チャ・ファヨン、パク・サンウォン、イ・イルファ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:kbsjapanchannel

第4位『ヒーローではないけれど』(JTBC/2024/全12話)

第4位は、今月4日より韓国JTBCで放送スタートした『ヒーローではないけれど』。

チャン・ギヨンとチョン・ウヒが主演を務める本作は、生まれながらにして超能力を持つも現代病によって力を失った一家と不思議な女性との物語を描いたファンタジー・ロマンスです。

今回、話題性占有率4.63%を獲得し初登場4位を記録しました。

●日本配信情報:Netflix (2024年5月9日現在)

画像出典:JTBC
ヒーローではないけれど
ファンタジー/ロマンス
JTBC/2024/全12話

あらすじ

生まれながらにして超能力を持つも現代病によって力を失った一家と不思議な女性との物語を描いたファンタジー・ロマンス。

キャスト

チャン・ギヨン、チョン・ウヒ、コ・ドゥシム、スヒョン、パク・ソイ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:Netflix Japan

第3位『正直にお伝えします!?』(JTBC/2024/全12話)

第3位にランクインしたのは、コ・ギョンピョ主演の『正直にお伝えします!?』です。

今月1日より韓国JTBCにて放送開始した本作は、統制不可能な舌のハルクになってしまったアナウンサーとバラエティ番組の放送作家が出会い繰り広げるラブコメディ。

5月第1週の話題性占有率4.71%を獲得し『ヒーローではないけれど』同様、初登場で第3位にランクインしました。

●日本配信情報:Netflix (2024年5月9日現在)

画像出典:namuwiki
正直にお伝えします!?
ラブコメディ
JTBC/2024/全12話

あらすじ

統制不可能な舌のハルクとなったアナウンサー、ソン・ギベクの物語を描いたラブコメディ。

キャスト

コ・ギョンピョ、カン・ハンナ、チュ・ジョンヒョク、イ・ボムソリ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:Netflix Japan

第2位『捜査班長 1958』(MBC/2024/全10話)

第2位は、初回10%台で放送スタートした『捜査班長 1958』。

イ・ジェフン主演の本作は、コソ泥検挙専門の刑事が個性あふれる3人の同僚とチームを組み、人々のための刑事に生まれ変わるドラマです。

今回前週より0.81%高い話題性占有率6.18%を獲得し、第2位にランクイン。

●日本配信情報:Disney+ (2024年5月9日現在)

画像出典:MBC
捜査班長 1958
犯罪/アクション
MBC/2024/全10話

あらすじ

1958年を舞台に、コソ泥専門のパク・ヨンハン(イ・ジェフン扮)が個性あふれる3人の同僚たちとチームを組み、人々のための刑事に生まれ変わるドラマ。

キャスト

イ・ジェフン、イ・ドンフィ、チェ・ウソン、ユン・ヒョンス、ソ・ウンス 他

最高視聴率・受賞歴など

10.8%

口コミ

-

予告映像


動画出典:ディズニープラス

第1位『ソンジェ背負って走れ』(tvN/2024/全16話)

輝く第1位は、連日日本のX(旧Twitter)のトレンドに上がるなど人気を博している『ソンジェ背負って走れ』でした!

ピョン・ウソク×キム・ヘユン主演の本作は、突然生涯を終えてしまったアーティストの熱狂的ファンが過去に戻って彼の運命を変えるために奮闘するファンタジー・ロマンス。

4月第4週では、話題性占有率33.20%で第2位でしたが、今回+27.32の60.52%を獲得しました。

この記録は、前週の話題性ランキングで第1位に輝いた『涙の女王』(43.67%)を超える結果となりました。

●日本配信情報:U-NEXT (2024年5月9日現在)

画像出典:tvN
ソンジェ背負って走れ
ファンタジー/ロマンス
tvN/2024/全16話

あらすじ

自身を救ってくれたアーティスト、リュ・ソンジェ(ピョン・ウソク扮)の死を知った熱狂ファンのイム・ソル(キム・ヘユン扮)。彼を救うために2008年にタイムスリップするファンタジー・ロマンス。

キャスト

ピョン・ウソク、キム・ヘユン、ソン・ゴニ、イ・スンヒョプ、チョン・ヨンジュ 他

最高視聴率・受賞歴など

-

口コミ

-

予告映像


動画出典:U-NEXT韓流・アジア公式

2024年5月第1週 TV-OTTドラマ話題性ランキングTOP10

2024年5月第1週 TV-OTTドラマ話題性ランキングTOP10
順位 作品名 放送局 出演者 話題性占有率/前週比 現在の全国最高視聴率
1 ソンジェ背負って走れ tvN
(2024)
ピョン・ウソク
キム・ヘユン
ソン・ゴニ
60.52%
(+27.32%)
4.759%
(5月6日放送/第9話)
2 捜査班長 1958 MBC
(2024)
イ・ジェフン
イ・ドンフィ
チェ・ウソン
6.18%
(+0.81%)
10.8%
(4月26日放送/第3話)
3 正直にお伝えします!? JTBC
(2024)
コ・ギョンピョ
カン・ハンナ
チュ・ジョンヒョク
4.71% 2.022%
(5月2日放送/第2話)
4 ヒーローではないけれど JTBC
(2024)
チャン・ギヨン
チョン・ウヒ
コ・ドゥシム
4.63% 3.289%
(5月4日放送/第1話)
5 美女と純情男
(原題:미녀와 순정남)
KBS
(2024)
チ・ヒョヌ
イム・スヒャン
チャ・ファヨン
2.77%
(+1.08%)
17.6%
(3月31日放送/第4話)
6 終末のフール Netflix
(2024)
アン・ウンジン
ユ・アイン
チョン・ソンウ
2.60%
(+0.67%)
7 支配種 STAR
(2024)
チュ・ジフン
ハン・ヒョジュ
イ・ヒジュン
2.48%
(+0.82%)
8 7人の脱出 season2
―リベンジ―
SBS
(2024)
オム・ギジュン
ファン・ジョンウム
イ・ジュン
2.47%
(+0.54%)
4.4%
(3月29日放送/第1話)
9 三番目の結婚
(原題:세 번째 결혼)
MBC
(2023~2024)
オ・スンア
ユン・ソヌ
ユン・ヘヨン
2.14%
(+0.84%)
7.8%
(4月15日放送/第118話)
10 世子が消えた MBN
(2024)
スホ
ホン・イェジ
ミョン・セビン
1.67% 3.45%
(5月5日放送/第8話)

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2445件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs