• 韓国ドラマ並みに人気を博している韓国映画。
  • 毎月日本の劇場でも数本の韓国映画が上映され、来月もまた3本の作品が公開を控えています。
  • そこで今回は、来たる6月に日本で公開予定の韓国映画3選をご紹介します!

韓国ドラマ並みに人気を博している韓国のコンテンツといえば「韓国映画」。

NetflixなどのVODや、BS・CS、映画館でも楽しめ、一昔前に比べ近い存在へとなりつつあります。

そのような韓国映画は、来月もまた日本の劇場で公開を控えています。

そこで今回は、来たる6月に日本で公開予定の韓国映画3選をご紹介。人間模様を描くその演出力は「えぐいほど上手い」と評される韓国映画ですが、ここで紹介する作品もまさに「えぐい」!

極上の覗き見が堪能できる作品なので、ぜひ劇場まで足を運んでいただきたい!(※各劇場により上映開始日が異なりますので、詳しくは各作品の公式HPをご覧ください。)

 

『罪深き少年たち』(2023)

1作目にご紹介する作品は、ソル・ギョング主演の『罪深き少年たち』。

昨年11月に韓国で公開された本作は、1999年に全羅北道 完州郡で発生した「参礼ナラスーパー事件」を題材にしたサスペンス映画です。

来月7日より14カ所の映画館で上映開始予定。

画像出典:CJ ENM Movie
罪深き少年たち
サスペンス
2023/124分

あらすじ

1999年に韓国で実際に起きた「参礼ナラスーパー事件」をもとに、濡れ衣を着せられた少年たちの無罪を証明するために奮闘する刑事の姿を描いたサスペンス映画。

キャスト

ソル・ギョング、ユ・ジュンサン、チン・ギョン、ホ・ソンテ、ヨム・ヘラン 他

韓国観客動員数

47万人

口コミ

「傑作映画」
「話が進むごとにグイグイ引き込まれる」
「見応え抜群」

予告映像


動画出典:Klockworx VOD

『WALK UP』(2022)

2作目は、名匠ホン・サンス監督が手掛けた『WALK UP』です。

クォン・ヘヒョ主演の本作は、4階建てアパートを舞台に芸術家たちの物語を描いたヒューマン映画。

来たる6月28日より、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国公開予定です。

画像出典:CONTENTS PANDA
WALK UP
ヒューマン
2022/97分

あらすじ

4階建てのアパートを舞台に、芸術家たちの物語を描いたヒューマン映画。

キャスト

クォン・ヘヒョ、イ・ヘヨン、チョ・ユニ、ソン・ソンミ、パク・ミソ 他

韓国観客動員数

6095人

口コミ

「ホン・サンスワールド」
「つい見入ってしまう」
「さすがホン・サンスと思える作品」

予告映像


動画出典:IGN Movie Trailers

『スリープ』(2023)

最後は、チョン・ユミ×イ・ソンギュン主演の『スリープ』をご紹介します。

昨年9月に韓国で公開された本作は、幸せな日常を送る夫婦を襲う正体不明の恐怖を描いたミステリー・サスペンス。

来月28日より、12カ所の映画館で公開予定です。

画像出典:LOTTE ENTERTAINMENT
スリープ
サスペンス/ミステリー
2023/94分

あらすじ

得体の知れない恐怖が幸せな日常を送る夫婦を襲うミステリー・サスペンス。

キャスト

チョン・ユミ、イ・ソンギュン、キム・グクヒ、ユン・ギョンホ、イ・ギョンジン 他

韓国観客動員数

147万人

口コミ

「想像したよりはホラー感が薄かった」
「色々な設定が活かされていて面白かった」
「新感覚な作品」

予告映像


動画出典:Klockworx VOD

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2433件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs