BTS(防弾少年団)のドキュメンタリー映画「Burn the Stage:the Movie」が、全世界で196万人の観客を動員した。

「Burn the Stage:the Movie」

「Burn the Stage:the Movie」(出典:Instagram)

所属事務所BigHitエンターテインメントは6日、先月15日に全世界4以上の国と地域で同時公開した映画「Burn the Stage:the Movie」を見た観客が、196万人を突破したと伝えた。

この映画は昨年行われたBTSの19都市の海外ツアーの現場と舞台裏の様子を収めたドキュメンタリー映画だ。韓国ではCGVが単独上映して、公開3週目で31万人を呼び集めた。これは、音楽ドキュメンタリー公開作の中で、最多観客記録だった。

(イメージ出典:BigHitエンターテインメント)

BTSのファンダムARMYを中心に、映画を二度見る現象が相次ぎ、再観覧率が10.5%に達した。

CGVの関係者は、「歴代10万人以上を動員した映画の中で、この作品が最高の再観覧率を記録した」と伝えた。

海外でも、北米で公開初週のボックスオフィス10位にあがり、注目された。雑誌「フォーブス」は、「ビートルズから55年が過ぎた今、BTSのハリウッドの瞬間が来る」というタイトルで、この映画を紹介していた。

この記事はお役に立ちましたか?
  • 役に立った (9)
  • 普通だった (0)
  • 役立たず (0)