BTS(防弾少年団)のメインダンサーとして圧倒的なダンスの実力を誇るメンバー、J-HOPE。ここでは彼がBigHitエンターテインメントに入所するまでの経緯や、BTSとしてデビューするまでの経緯を紹介する。

BTS J-HOPEのBigHit入所までの経緯

J-HOPEが通っていたダンススクール “PLUG IN MUSIC ACADEMY”にBigHit関係者がやってきて、オーディションを行なったことが入所のきっかけ。
休憩時間にスタジオから出た関係者が2,3時間後に戻った際、その間ずっと踊り続けていたJ-HOPEを見て成功を確信し、入所が決定した。

BTS J-HOPEのデビュー前のエピソード

デビュー前は一時期、“スマイルホヤ”という名前でストーリートダンサーとして活動しており、フェスティバルなどにも参加していた。
ダンスバトルでは、優勝を勝ち取る功績を残していたことから、デビュー前からダンスが上手いことで有名だった
練習生時代はラップではなく、ボーカルのレッスンを受けていた。(そのためラッパーラインの中で1番歌が上手い)
一時期、JYPエンターテインメントの練習生だった事がある。

BTS J-HOPEのデビューまでの経緯

2010年12月24日にBigHitエンターテインメントに入所。
一度はBTSのメンバーから外され、練習生を辞めることを決断した。(この時ジョングクは泣きながら抱きついて「辞めないで欲しい」と頼み込んだ)
その後、BigHit側はRMの「自分たちにはチョン・ホソク(J-HOPEの本名)が必要」という必死の説得を聞き入れ、J-HOPEも再び練習生に戻ることを決意。
2013年6月に防弾少年団のメンバーとしてデビューした。

J-HOPEのデビューのきっかけ
出典:BigHitエンターテインメント公式ホームページ

BTS

BTS(防弾少年団)は2013年6月13日にデビューした韓国の7人組男性アーティストグループで、パン・シヒョクのプロデュースによって誕生した。
BigHitエンターテインメントに所属している。
デビューアルバムは『2 COOL 4 SKOOL』、デビュー曲は『No More Dream』。
グループ名の”防弾少年団”には、10代、20代に向けられる抑圧や偏見を止め、自身たちの音楽を守りぬくという意味が込められている。
ハングル表記は”방탄소년단(バンタンソニョンダン)”から”バンタン”と呼ばれることが多い。

BTS プロフィール&記事(1165)