映画好きのための月額動画配信サービス『WATCHA(ウォッチャ)』と、韓国の制作会社HARDCUTが共同企画したオリジナルショートフィルムプロジェクト<Unframed>が、第26回釜山国際映画祭の『韓国映画の今日-パノラマ』セクションに公式招待されたことを発表した。

映画好きのための月額動画配信サービス『WATCHA(ウォッチャ)』と、韓国の制作会社HARDCUTが共同企画したオリジナルショートフィルムプロジェクト<Unframed>が、10月6日(水)に開幕する第26回『釜山国際映画祭』の『韓国映画の今日-パノラマ』セクションに公式招待されたことを発表。

本プロジェクトは、韓国の人気俳優パク・ジョンミン(『空と風と星の詩人~尹東柱の生涯~』『ザバハ』)、ソン・ソック(『マザー』『最高の離婚』)、チェ・ヒソ(『金子文子と朴烈』『アジアの天使』)、イ・ジェフン(『BLEAK NIGHT 番人』『シグナル』)が初めて監督を務め、日本でもWATCHA にて独占配信を予定している。

『韓国映画の今日-パノラマ』部門は、同時代の韓国映画の力量と流れを満喫できる、その年の様々な代表作及び最新作を披露するセクションで、今回の招待とワールドプレミア上映で、初めて観客に作品が公開される。

そして監督を務めた4人のアーティストから、コメントが到着した。

『学級委員選挙(仮)』パク・ジョンミン

27人の幼い俳優たちが、大切な結果を生み出した。彼らの夢に少しでも役立ってくれたらと思う。

パク・ジョンミン監督作品『学級委員選挙(仮)』

パク・ジョンミン 監督/脚本作品『学級委員選挙(仮)』

選挙の投票用紙回収を前に緊張感があふれる教室の様子を描く、小学校5年2組の学級委員選挙を描いた小学生ノワール。

原題:반장선거 / Vote for ‘I don’t know’
監督/脚本:パク・ジョンミン
出演:キム・ダムホ(『キングダム: アシンの物語』)、カン・ジソク(『刑務所のルールブック)、パク・ヒョウン、パク・スンジ
ュン(『夏時間』

『再放送(仮)』 ソン・ソック

映画を作っている間、一緒に作業した人たちのおかげで楽しくて温かな時間を過ごせた。またご一緒したい。

ソン・ソック 作品『再放送(仮)』

ソン・ソック 監督/脚本作品『再放送(仮)』

原題:재방송 / RERUN
監督/脚本:ソン・ソック
出演:イム・ソンジェ(『サンセット・イン・マイ・ホームタウン』)、ビョン・ジュンヒ、オ・ミネ(『Tiny light』)

結婚式場に同行することになった、叔母と甥の一日を描く。

『バンディ』 チェ・ヒソ

どんな映画祭よりも、私にとって意味のある釜山国際映画祭に招待されて光栄。大きなスクリーンがパク·ソイ(バンディ役)の純粋な顔でいっぱいになると思うとわくわくする。

チェ・ヒソ作品『バンディ(仮)』

チェ・ヒソ 監督/脚本作品『バンディ(仮)』

シングルマザーのソヨンと、9歳の娘バンディの温かい物語。

原題:반디 / Bandi
監督/脚本:チェ・ヒソ
出演:パク・ソイ(『ただ悪から救ってください』)、チェ・ヒソ(『ただ悪から救ってください』)、チョ・ギョンスク(『悪の部屋』)、シン・ヒョンス(『ウラチャチャ!? ~男女6人恋のバトル~』)

『ブルーハピネス(仮)』イ・ジェフン

想像もできなかった栄光の釜山国際映画祭に招待されて、とても震えて胸がどきどきする。映画祭を通じて、観客の皆さんと率直にコミュニケーションできる機会を与えていただいたことに、心から感謝したい。この作品について多くの方々と話せたらうれしい。

チェ・ヒソ 作品『ブルーハピネス(仮)』

イ・ジェフン 監督/脚本作品『ブルーハピネス(仮)』

都市で毎日を生きる若者たちを描いた物語で、主演はチョン・ヘインが務めている。

原題:블루 해피니스 / Blue Happiness
監督/脚本:イ・ジェフン
出演:チョン・ヘイン(『D.P. -脱走兵追跡官-』)、イ・ドンフィ(『エクストリーム・ジョブ』)、キム・ダイェ(『純粋の時代』)、タン・ジュンサン(『愛の不時着』)、ピョ・イェジン(『サム、マイウェイ~恋の一発逆転!~』)

チョン・ヘイン

FNCエンターテインメント所属の俳優チョン・ヘイン。1988年4月1日生まれ。

2014年TV朝鮮ドラマ『百年の花嫁』で俳優デビュー。
デビュー前にはガールズグループAOAの『MOYA』のMVに出演したことがある。

チョン・ヘイン プロフィール&記事(50)




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

チョン・ヘイン 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース