女優のハン・ジミン、俳優のイ・ドンウクなど豪華俳優陣が出演するTVINGオリジナル映画『ハッピーニューイヤー』が、12月中の封切りを確定し、予告編を公開した。この映画は、韓国ロマンス映画の一線を画す、クァク・ジェヨン監督がメガホンを取ったことでも、注目を集めている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

女優のハン・ジミンや、俳優のイ・ドンウクなどの豪華俳優陣が出演する、TVINGオリジナル映画『ハッピーニューイヤー』が、12月中の封切りを確定し、予告編を公開した。

イ・ドンウクとハン・ジミン

TVINGオリジナル映画『ハッピーニューイヤー』に出演するイ・ドンウク(左)とハン・ジミン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

11月29日、YouTube(ユーチューブ)の『Culture N Star』チャンネルに、映画『ハッピーニューイヤー』のローンチ予告編が公開された。

予告編は、ホテル“エムロス”のマネージャー、ソジン役を演じるハン・ジミンのナレーションで、センチメンタルな年末ムードを作り上げている。

ハン・ジミンは「多くの人々が滞在し、去り、出会い、別れる場所。時にはヒヤリとし、切なくて、涙が出るほど幸せな‥。今年の終わり、私たちにも大切な縁が訪れるでしょうか?」という問いで、映画の伝える新ロマンスにも視線が集まっている。

『ハッピーニューイヤー』にはソジン(ハン・ジミン扮)をはじめ、ソジンが片思いする15年来の男友達、スンヒョ(キム・ヨングァン扮)や、彼の婚約者であるヨンジュ(コ・ソンヒ扮)、若くて能力のあるホテル代表のヨンジン(イ・ドンウク扮)と、ミュージカル俳優を夢見るハウスキーパーのイヨン(ウォン・ジナ扮)たちのストーリーが盛り込まれている。

また、ホテル“エムロス”で年末を過ごすジェヨン(カン・ハヌル扮)やホテリアーのスヨン(イム・ユナ扮)、40年ぶりに初恋の人に再会したキャサリン(イ・ヘヨン扮)とサンギュ(チョン・ジニョン扮)、長い無名時代を経て逆走行に成功した歌手のイガン(ソ・ガンジュン扮)、マネージャーのサンフン(イ・グァンス扮)まで、色とりどりのストーリーで関心をそそる。

本作は、ソ・ガンジュンが入隊前の最後に撮影した作品としても知られ、ファンにとっても待ち遠しい作品だ。

(関連記事)ソ・ガンジュン 入隊控えファンに心境吐露「今は少しワクワクしてる」

映画『ハッピーニューイヤー』は、TVINGと劇場で同時公開される予定で、12月中に封切りされる。

『猟奇的な彼女(2011)』や『ラブストーリー(2003)』など、韓国ロマンス映画の一線を画し観客を楽しませてきたクァク・ジェヨン監督がメガホンを取り、演出した。

映画『ハッピーニューイヤー』予告編 (動画出典:YouTube TVING)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。





この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs