映画『共助2:インターナショナル』の制作報告会が開催され、俳優のヒョンビン、ユ・ヘジン、イム・ユナ(少女時代)、チン・ソンギュ、イ・ソクフン監督が出席した。パク・ミニョン役を演じるイム・ユナは、劇中で”ビューティーYouTuber”へと華麗な転身を遂げたことを明かしている。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

映画『共助2:インターナショナル(以下、共助2)』に出演するイム・ユナ(少女時代)が、自身が演じるキャラクターの変化について説明した。

少女時代(SNSD)のイム・ユナが映画『共助2:インターナショナル』の制作報告会に出席

映画『共助2:インターナショナル』の制作報告会に出席した少女時代(SNSD)のイム・ユナ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

8月16日午前、コンラッド・ソウルで、『共助2』(監督:イ・ソクフン)の制作報告会が開催された。この席には、俳優のヒョンビン、ユ・ヘジン、イム・ユナ、チン・ソンギュ、イ・ソクフン監督が出席。

[expander_maker id=”1″]

パク・ミニョン役を演じるイム・ユナは、「前作では無職でしたが、『共助2』では、”ビューティーYouTuber”として変身を遂げました」と明かす。

そして「もう1つの変化は、チョルリョン(ヒョンビン扮)に奪われた心を、新しく登場したジャック(ダニエル・ヘニー扮)に分け与えます。1人で葛藤して、目の前に人が現れるたび、心を分け与えるんです」と話し、笑いを誘った。

『共助2』は、グローバル犯罪組織を捕まえるために再会した、北朝鮮の刑事リム・チョルリョンと、韓国の刑事カン・ジンテ(ユ・ヘジン扮)、さらに、米FBI所属のジャックまで、それぞれの目的で集まった刑事たちの、予測不可能な三角共助捜査を描くストーリーで、9月7日に韓国で公開される。

(スポーツ韓国 チョ・ウネ記者 / 翻訳:長谷川朗子)

한국미디어네트워크 提供
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。




少女時代

2007年に、SMエンターテインメント練習生の中から選抜された9人のメンバーによって『また巡り逢えた世界』でデビュー。2009年に発表した『Gee』は日本でも大ヒットとなり、日本でも精力的に活動していた。

2015年にジェシカが脱退し、現在は8人組として活動している。2017年に、ティファニー、スヨン、ソヒョンがSMとの契約を満了したがメンバーは”少女時代は変わらず8人”と言及している。

少女時代 最新記事はこちら(118)

[/expander_maker]

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs