実力派俳優ファン・ジョンミンが、2021年の最初の作品として選択したリアルアクションスリラー映画『人質』が、今年の8月に韓国で公開される。彼は本作で、初の人質役を演じる。 (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

幅広い演技力で、カメレオン俳優とも称される俳優ファン・ジョンミンが、映画『人質』で初の人質役を熱演する。

彼が2021年の最初の作品として選択した映画『人質』は、証拠も目撃者もいない状態で拉致された、俳優ファン・ジョンミンの姿を描くリアルアクションスリラーだ。今までにないストーリー展開で、今夏の映画界を揺るがす注目作品である。

ファン・ジョンミン

ファン・ジョンミン主演映画『人質』が今年8月に公開 (写真提供:©TOPSTAR NEWS)

彼は俳優デビュー後、27年間にわたって幅広い役柄を演じてきた。映画『ベテラン(2015)』では刑事、『華麗なるリベンジ(2016)』では検事、『ヒマラヤ~地上8,000メートルの絆~(2015)』では登山家、『哭声/コクソン(2016)』では巫俗人(シャーマン)など、映画の中のキャラクターを見事に”ファン・ジョンミン化”し、唯一無二の俳優としての存在感を放ってきた。

なかでも『工作 黒金星と呼ばれた男(2018)』で演じた”黒金星工作員”と、『ただ悪から救ってください(2020)』の”殺し屋インナム”のように、誰かを追撃する役柄を通じて、圧倒的な演技力を披露している。

今回、これらの作品とは逆の立場となる”人質役”を演じ、話題を呼んでいる。ある夜明け、正体不明の人質犯によって見知らぬ場所へと拉致され、その恐怖に襲われたまま椅子に縛られる無気力な姿から、人質犯に向かって「助けてくれ」と泣きすがる姿まで、今まで彼が演じてきたキャラクターとは全く異なる姿で、見る人に衝撃を与える。

また生きるために、命をかけた極限の脱出を試みる演技まで、これまで見ることのできなかった彼の新しい姿が存分に披露されるとあって、既に本作への期待が高まっている。

俳優ファン・ジョンミンの、新しい姿を見ることができる映画『人質』は、韓国で来る8月に公開予定である。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース