映画『SEOBOK/ソボク』が、7⽉16⽇(⾦)より新宿バルト9ほか、全国の映画館で絶賛上映中! これを記念して、主演を務めるコン・ユが役作りへのこだわりや、撮影の裏側を語ったインタビュー映像が解禁された。

映画『SEOBOK/ソボク』が、7月16日(金)より新宿バルト9ほか、全国の映画館で絶賛上映中! これを記念して、主演を務めるコン・ユのインタビュー映像が解禁された。

(関連記事)コン・ユ&パク・ボゴム出演映画 ‘SEOBOK/ソボク’ 7/16(金)日本公開決定!

ソボク コン・ユ

(写真提供:©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED)

本作で余命宣告を受けた情報局エージェント、ギホン役を演じるコン・ユ。心に大きなトラウマを抱え、”精神的にも肉体的にも健全ではない人物”を演じるうえで、「影のある人物に見せるには、やつれている必要があります。顔色が悪くて、頬もこけている状態にするために、かなり体重を減らしました」と、徹底した役作りで挑んだことを明かす。

ソボク コン・ユ

(写真提供:©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED)

撮影期間中にも続いた食事制限が、精神的に⾟く、寡黙になってしまう瞬間もあったという。そんな過酷な撮影の中、「ボゴムさんがムードメーカーになり、撮影中も待機中も僕のことを気遣ってくれて、すごく心強かったし、癒しになりました。大変な撮影でしたが、ボゴムさんのおかげで楽しむことができたと思います」と、共に主演を務めたパク・ボゴムとの心温まるエピソードも。

さらに出演を決めた理由について尋ねられると、「実は⼀度、断ったんです」と告白。「でも、どうしてか断ったあとも、ずっとこの作品のことが頭から離れなかったんですね。”この難しい課題に取り組まなきゃいけない”、”逃げてはいけない”という気分になってきたんです」と、出演オファーを受けた際の心境を明かした。オファーを断った後も作品が気になっていたという彼が、その後イ・ヨンジュ監督と出会い、出演に至るまでの経緯も語っている。

『SEOBOK/ソボク』

『SEOBOK/ソボク』コン・ユ インタビュー映像 (動画出典:YouTube Klockworx VOD)

7月16日(金)新宿バルト9ほか 全国絶賛上映中!

出演︓コン・ユ『新感染 ファイナル・エクスプレス』、パク・ボゴム『青春の記録』
監督︓イ・ヨンジュ『建築学概論』
2021年/韓国/カラー/シネマスコープ/DCP5.1ch/114分/原題︓서복
配給:クロックワークス
©2020 CJ ENM CORPORATION, STUDIO101 ALL RIGHTS RESERVED

公式HP︓seobok.jp

コン・ユ

マネジメントSOOP所属の俳優コン・ユ(ハングル 공유)。1979年7月10日生まれ。

“コン・ユ”という芸名は両親の苗字から付けられたもので、本名は、コン・ジチョル。

2000年、Mnet VJ 7期として芸能界にデビューしたコン・ユは、2001年KBSドラマ『学校4』を通じて演技者としてデビュー。

2007年、日本でも人気を博したドラマ『コーヒープリンス1号店』が大ヒットし、この年MBC演技大賞で優秀賞を受賞。当ドラマは、コン・ユの出世作となった。

コン・ユ プロフィール&記事(127)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

コン・ユ 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース