• 3月の半ばを迎え、もうすぐ春の陽気が訪れようとしている昨今。
  • 世間では卒業シーズンを迎え、春の訪れを告げる季節に。そのような新しいスタートを切る季節にぴったりな最新韓国映画がこの春上映ラッシュ。
  • そこで今回は、2024年春に日本公開する最新韓国映画7選をピックアップ!

最強の防寒着”ダウンコート”が欠かせない極寒の日々が過ぎ、もうすぐ春の陽気が訪れようとしています。

世間では卒業シーズンを迎え、来月には新学期という別れと出会いのラッシュ時期。春の訪れを告げる季節となりました。

そのような新しいスタートを切る季節にぴったりな最新韓国映画が、この春に日本上映ラッシュを迎えます。

そこで今回は、2024年春に日本公開する最新韓国映画7選をご紹介。

冷え込んだ韓国映画界を盛り上げた最新話題作など、盛りだくさんです!(※各劇場により上映開始日または上映期間が異なる場合がございます。)

 

『ビニールハウス』(2023/100分)

最初にご紹介するのは、キム・ソヒョン主演の『ビニールハウス』。

本作は、貧困や介護など現代の韓国社会が抱える問題を題材にしたサスペンス作品です。

今月15日より、シネマート新宿を含む81カ所の劇場で上映予定。(※各劇場により上映開始日が異なります。)

●日本上映情報:シネマート新宿ほか/2024年3月15日(金)~

画像出典:Triple Pictures
ビニールハウス
サスペンス
2023/100分

あらすじ

貧困によりビニールハウスで暮らすムンジョン(キム・ソヒョン扮)。少年院にいる息子と再び新居で暮らすことを夢見ている彼女は訪問介護士として働き、その資金を稼いでいる。しかしある日、担当している認知症のファオク(シン・ヨンスク扮)が風呂場で暴れ、ムンジョンと揉み合うことに。そしてファオクは床に後頭部を打ち、亡くなってしまう‥。

キャスト

キム・ソヒョン、ヤン・ジェソン、アン・ソヨ、ウォン・ミウォン、チョン・ジョンジュン 他

韓国観客動員数

1万923人

口コミ

「演技の域を超えるほどすごかった」
「観客をこの世界に引き込もうとする感じがよかった」
「かなりの良作」

予告映像


動画出典:moviecollectionjp

『薄氷の告発』(2023/106分)

2作目は、韓国のスケート界を舞台にしたペク・ジニ主演の『薄氷の告発』です。

本作は、元アイススケート韓国代表選手のジュヨンが元チームメイトの自殺を機に、指導者による性暴力に立ち向かうヒューマン映画。

来たる3月15日より、シネマート新宿・心斎橋にてお楽しみいただけます。

●日本上映情報:シネマート新宿・心斎橋/2024年3月15日(金)~

画像出典:Wide Release,JOYNCINEMA
薄氷の告発
ヒューマン
2023/106分

あらすじ

高校のカーリング部コーチとして働く、元アイススケート韓国代表選手のキム・ジュヨン(ペク・ジニ扮)。ある日、かつてのチームメイト、ソン・ユラ(ユン・ダヨン扮)が自ら命を絶ったと知らされる。ジュヨンはユラがとった選択の理由ついて知っており‥。

キャスト

ペク・ジニ、ソン・ジェリム、ペ・ユラム、チョン・ダウン、パク・ソンイル 他

韓国観客動員数

507人

口コミ

-

予告映像


動画出典:シネマトゥデイ

『ラブリセット 30日後、離婚します』(2023/119分)

3作目にご紹介するのは、カン・ハヌル×チョン・ソミン主演の『ラブリセット 30日後、離婚します』。

韓国観客動員数216万人を動員した本作は、離婚を30日後に控えた夫婦が交通事故により記憶喪失になったことから始まるラブコメディです。

今月29日より、全国42カ所で公開予定。(※各劇場により上映開始日が異なります。)

●日本上映情報:丸の内ピカデリーほか/2024年3月29日(金)~

画像出典:Mindmark
ラブリセット 30日後、離婚します
ラブコメディ
2023/119分

あらすじ

大恋愛の末に結婚したノ・ジョンヨル(カン・ハヌル扮)と、ホン・ナラ(チョン・ソミン扮)。しかしお互いの価値観の違いに耐えられなくなり、離婚を決意する。そして裁判所で30日後に離婚することが決定。しかしその帰り道に2人は交通事故に遭い、記憶を失ってしまう。これまで過ごした記憶すら忘れてしまった2人は、家族たちを巻き込みながら、記憶を取り戻そうとするのだが‥。

キャスト

カン・ハヌル、チョン・ソミン、イム・チョルヒョン、チョ・ミンス、ファン・セイン 他

韓国観客動員数

216万人

口コミ

「コメディ要素満載で面白かった」
「結構当たりな作品」
「主人公2人のケミがよかった」

予告映像


動画出典:松竹チャンネル/SHOCHIKUch

『パスト ライブス/再会』(2023/105分)

4作目は、大人の恋愛を描いた『パスト ライブス/再会』をご紹介します。

グレタ・リー×ユ・テオ主演の本作は、幼少期に離れ離れとなった初恋の相手との24年ぶりの再会を描いたロマンス映画。

来たる4月5日より、TOHOシネマズ新宿を含む99カ所で上映が開始します。(※各劇場により上映開始日が異なります。)

●日本上映情報:TOHOシネマズ新宿ほか/2024年4月5日(金)~

画像出典:CJ ENM MOVIE
パスト ライブス/再会
ロマンス
2023/105分

あらすじ

ソウルに暮らす12歳の少女ノラ(ムン・スンア/グレタ・リー扮)と、少年のへソン(イム・スンミン/ユ・テオ扮)。互いに惹かれ合っていたものの、ノラの海外移住により離れ離れに。そして12年の月日が経ち、24歳になった2人はそれぞれの人生を歩んでいた。そんなある日、オンライン上で再会を果たすことに‥。

キャスト

グレタ・リー、ユ・テオ、ジョン・マガロ、チェ・ウォニョン、ユン・ジヘ 他

韓国観客動員数

5万5097人

口コミ

「人との出会いの大切さを学べる映画」
「余韻が心地よい」
「観終わったあとはしばらくぼっとしてしまう」

予告映像


動画出典:Happinet phantom

『貴公子』(2023/118分)

5作目は、キム・ソノ主演の『貴公子』。

本作はフィリピンで貧しい生活を送る青年が巨額の遺産相続争いに巻き込まれることから始まるノワール・アクションです。

来月12日より、全国110カ所で上映予定。(※各劇場により上映開始日が異なります。)

●日本上映情報:新宿ピカデリーほか/2024年4月12日(金)~

画像出典:NEXT ENTERTAINMENT WORLD
貴公子
ノワール/アクション
2023/118分

あらすじ

フィリピンで貧しい生活を送る青年マルコ(カン・テジュ扮)は、病を患う母のために地下格闘で稼いでいた。ある日、一度もあったことがない韓国人の父が自分を捜しているという話を聞き、韓国へと向かうことに。しかしその機内で謎の男「貴公子」(キム・ソノ扮)と出会い‥。

キャスト

キム・ソノ、カン・テジュ、キム・ガンウ、コ・アラ、チョン・ラエル 他

韓国観客動員数

68万1703人

口コミ

「途中、笑いの要素も」
「ストーリーは少し疲れる」
「血の量が半端ない」

予告映像


動画出典:シネマトゥデイ

『リバウンド』(2023/122分)

6作目にご紹介する作品は、青春ドラマを描いた『リバウンド』です。

アン・ジェホン主演の本作は、廃部寸前のバスケットボール部を新任コーチが立て直し、全国大会を目指す青春スポーツ映画。

来たる4月26日より、新宿ピカデリーを含む32カ所でご覧いただけます。(※各劇場により上映開始日が異なります。)

●日本上映情報:新宿ピカデリーほか/2024年4月26日(金)~

画像出典:Barunson E&A
リバウンド
青春/スポーツ
2023/122分

あらすじ

公益勤務要員で元バスケットボール選手のカン・ヤンヒョン(アン・ジェホン扮)は、釜山にある高校のバスケットボール部のコーチに就任する。しかし全国大会初戦で強豪校に惨敗。学校は廃部について議論するのだが‥。

キャスト

アン・ジェホン、イ・シニョン、チョン・ジヌン、キム・テク、チョン・ゴンジュ 他

韓国観客動員数

69万9243人

口コミ

「感動もの」
「笑いあり、涙あり」
「こういう青春もの最高」

予告映像


動画出典:シネマトゥデイ

『マイ・スイート・ハニー』(2023/118分)

最後はユ・ヘジン×キム・ヒソン主演の『マイ・スイート・ハニー』をご紹介します。

韓国映画界を代表するユ・ヘジンが初のラブコメに挑んだ本作は、家と会社を往復するだけの日々を送る45歳のチャ・キホがシングルマザーのイ・イルヨンと出会い繰り広げる笑いあり涙ありのロマンチックラブコメディ。

GWの5月3日より、新宿ピカデリーを含む計40カ所の劇場で上映予定です。

●日本上映情報:新宿ピカデリーほか/2024年5月3日(金)~

画像出典:Mindmark
マイ・スイート・ハニー
ラブコメディ
2023/118分

あらすじ

製菓会社で研究員として働く45歳のチャ・チホ(ユ・ヘジン扮)は、毎日自宅と会社を往復するだけの日々を送っていた。そんなある日、明るいシングルマザーのイ・イルヨン(キム・ヒソン扮)と出会う。そしてチホの優しさに惹かれていくイルヨンだが‥。

キャスト

ユ・ヘジン、キム・ヒソン、チャ・インピョ、チン・ソンギュ、ハン・ソナ 他

韓国観客動員数

138万人

口コミ

「ユ・ヘジンのラブコメは不思議な感じ」
「ところどころ笑える要素あり」
「感情移入するのは難しかった」

予告映像


動画出典:松竹チャンネル/SHOCHIKUch

ダンミ 編集部

記事一覧を見る(2347件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs