• ヒョンビン主演新作映画『交渉』興行成績に早くも黄信号が灯っているという。
  • ストーリー、壮大なスケールという三拍子の揃った『交渉』は、なぜ韓国で振るわないのだろうか。
  • “実話”をベースとした韓国映画が持つある悩みを考察する。
新作映画『交渉』で主演を務めるヒョンビン

新作映画『交渉』で主演を務めるヒョンビン(写真提供:©スポーツ韓国)

論争を招く題材を取り上げながら、論争を避けようとするのなら、なぜその題材を選んだのか。

ヒョンビン主演の新作映画『交渉』に対して、韓国の映画評論家イ・ドンジン氏はこう語った。

続きを読む

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs