韓国アイドルグループEXO(エクソ)のリーダー スホが、動物と自然に関する映画祭の広報大使に任命された。普段からペットに対して温かな愛情を持っているスホは、今後も公式イベントを通じて映画祭のスケジュールに参加していく。

K-POPアイドルグループEXO(エクソ)のリーダーで、ドラマや映画、ミュージカルなど俳優としても活躍しているスホ(本名 キム・ジュンミョン)。

彼は、動物の生態や自然にまつわるヒーリング映画祭「第7回順天(スンチョン)湾世界動物映画祭」の広報大使とし、熱心な活動を繰り広げると覚悟を表した。

exo エクソ スホ

「動物映画祭」の広報大使に任命されたEXOのスホ(写真提供:©スポーツ韓国)

24日午前、ソウル・中区(チュング)韓国プレスセンターで、第7回順天湾世界動物映画祭の記者会見が開かれた。

映画を通じて生命尊重の価値を伝える映画祭として、今年で7回目を迎えた順天湾世界動物映画祭。

今年の広報大使にはEXOのスホが選ばれ、この日スホは広報大使として任命式を行った後「動物と共に幸せを求めるという素晴らしい趣旨の順天湾世界動物映画祭の広報大使に任命されて、本当に感謝を申し上げます」と伝えた。

スホは、歌手だけではなく“俳優キム・ジュンミョン”としてとしてあらゆるジャンルで活躍して注目されており、動物に対する愛情と温かい心を常に見せてきたことで知られている。

スホ 映画祭 広報大使

動物や自然に対して温かな心を持っているスホ(写真提供:©スポーツ韓国)

スホは「僕も長い期間ペットと共に生活をしながら、動物に対して多くの関心を持っていました」とし、ペットに対する愛情を表わすと「忙しい日常の中で、動物と自然に対して今一度考える事が必要だと思います」と語った。

さらに「今回の機会を通じて、多くの方々が動物と自然に対して関心を持って頂けるように広報大使として熱心に活動します。今年の夏、順天湾一帯で開かれる第7回順天湾世界動物映画祭に、大いなる関心と声援を願いします」と覚悟を固め、今後映画祭の公式イベントを共にしていく。

第7回順天湾世界動物映画祭は、8月22日から26日までの5日間、韓国・順天で開催され「Happy Animals~共に幸せな世の中~」というスローガンを全面に掲げ、人間と動物、自然との共存を扱ったテーマで約70本の作品を上映する。

2013年の第1回を始まりに、韓国内で唯一の動物中心の映画祭である順天湾世界動物映画祭は、環境に対する新感覚の映画祭になると期待されている。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。