宇宙少女のメンバー、ソラが女性主人公としてキャスティングされた韓国SFウェブドラマ『ラブインブラックホール(原題)』が、台本リーディング現場を公開した。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

SFウェブドラマ『ラブインブラックホール(原題)』が、台本リーディングを成功裏に終えた。

6月8日、BIG PICTURE MART(ビッグピクチャーマート)が、SFウェブドラマ『ラブインブラックホール』の台本リーディング現場を公開。

宇宙少女 ソラ

ウェブドラマ『ラブインブラックホール』の台本リーディング現場が公開された (写真提供:©TOPSTAR NEWS)

『ラブインブラックホール』は、SFファンタジーロマンスのウェブドラマだ。女性主人公ウナに、好意を寄せる誰かからの手紙が、ホワイトホールを通して伝達されることで起こる話を描く。

女性主人公ウナ役には、宇宙少女(WJSN)のメンバー、ソラがキャスティングされた。ソラは以前、ウェブドラマ『グッドモーニング2階建てバス(原題)』、Netflix(ネットフリックス)『クェダム 禁断の都市怪談』などに出演し、演技力が高く評価された。ウナは、自分の名前になった星を見つけるため、天文宇宙学科に入学するロマンチックなキャラクターに扮する。

そして、ウナと幼い頃から親友であるテヤン役は、BAE173(ビーエーイー173)のメンバー、イ・ハンギョルが務める。テヤンは大学生だが、勉強よりも飲酒歌舞(歌って飲んで踊ること)を楽しむ愉快なキャラクターだ。

傷を負った男、ソンウン役はSF9(エスエフナイン)のメンバー、ジェユンが務める。放送が終了したばかりの『Kingdom:Legendary War (キングダム:レジェンドリー・ウォー)』で、印象深いパフォーマンスを披露してきたジェユンが、このドラマで見せる姿に関心が集まっている。

また、ウナの周りをうろつくヘミョン役はBAE173のドハが務め、音楽の夢を諦めて史学科へと進んだアンナ役には、DIA(ダイア)のキ・ヒヒョンがキャスティングされた。

助演陣にも俳優クォン・オジュン、お笑い芸人イ・サンジュン、モデルのムン・スインなどが出演を確定しており、ドラマをさらに盛り上げる予定だ。

先日行われた台本リーディングで、出演者が熱心に取り組む姿を見せ、今後開始される撮影への期待を高めた。

SFウェブドラマ『ラブインブラックホール』は、6月中に撮影が開始される。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

K-POP女性アーティスト 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース