俳優のチェ・テジュンが、女優パク・シネとの結婚発表で話題を集めている。チェ・テジュンは2001年、SBSドラマ『ピアノ』でチョ・インソンの子役としてデビュー。そんな彼が一躍知名度を上げた番組は、意外な“アレ”だった。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優チェ・テジュンが、女優パク・シネとの結婚発表で話題を集めている。

チェ・テジュンとパク・シネ

結婚を発表したチェ・テジュン(左)とパク・シネ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

2017年から交際を続けてきたパク・シネとチェ・テジュンは、2022年1月22日、ソウル某所で夫婦の縁を結ぶ。また、結婚を準備する中で「新たな命を授かった」ことも発表した。

2人は2018年3月に恋愛中であるという事実を明かし、「元々親しい仲だったパク・シネとチェ・テジュンが、2017年末から恋人関係に発展した」と、公開恋愛をスタート。

その後、身体検査で4級判定を受けたチェ・テジュンは、2019年8月1日に新兵訓練所へ入所。基礎軍事訓練を受けた後、社会奉仕要員として代替服務をしてきた。

パク・シネは、*ゴムシンとしてチェ・テジュンの軍服務期間を待つことに。

*ゴムシン:韓国語で고무신と書き、入隊した彼を待つ女性のこと。

(関連記事)”パク・シネと交際中“ チェ・テジュン、本日(5月18日)兵役除隊完了

2人の静かな恋愛に、一部では破局疑惑が持ち上がったが、パク・シネは「うまく付き合っている」と一蹴。

1991年生まれで、今年30歳(日本年齢)のチェ・テジュンは、1990年生まれのパク・シネより1歳年下だ。

彼は2001年、SBSドラマ『ピアノ』でチョ・インソンの子役を演じることで演技を始めることになり、これまで様々なフィルモグラフィーを築いてきたのだが、知名度をあげるきっかけとなったのは、意外な番組だった。

俳優として、映画『ペースメーカー(2012)』『カッター(2015)』『不夜城の男(2019)』などがあり、ドラマはKBS2『マジックキッズ・マスリ(2002)』などの子役を経て、SBS『おバカちゃん注意報 ~ありったけの愛~(2013)』、KBS2『お願い、ママ(2015)』、MBC『ミッシングナイン(2017)』、SBS『あやしいパートナー ~Destiny Lovers~(邦題/2017)』、SBS『恋のトリセツ~フンナムとジョンウムの恋愛日記~(2018)』などに出演し、その地位を固める。

しかし意外にも、彼をメジャーに押し上げたのは、2016年に放送された、MBCリアルバラエティー『私たち結婚しました』シーズン4だった。

本作でApink(エーピンク)のユン・ボミと仮想結婚し、話題に。放送終了後、ある番組でチェ・テジュンは「番組の設定だったけど、ユン・ボミにキュンとしたことがある。料理をしてくれた時、すごくうれしかった」と明かしている。

また、パク・シネが2015年にゲスト出演したSBSバラエティー『善男善女』で「30歳くらいに結婚したい、両親のような家庭を築きたいと思っている。目標が結婚なので、男性を見る目が、つい父のような男性ばかりを探してしまう」と言及しており、この発言にも再スポットが当てられた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国女優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース