俳優のパク・ボゴムが、国防テレビに登場した。彼は現在、海兵隊で軍服務中であり、その生活の様子をメディアの前で語っている。国防のチャンネルとはいえ、久しぶりに見せる姿にファンは喜びの声を寄せた。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優のパク・ボゴムが、国防テレビにゲスト出演した。

国防TVに出演し、軍での生活を明かしたパク・ボゴム

国防TVに出演し、軍での生活を明かした俳優のパク・ボゴム。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

パク・ボゴムは、8月14日に放送される国防TV『シェフの特食』に出演し、シェフのチョン・ホヨンと海兵隊に関するトークを繰り広げる。

まずは「僕は海軍兵669期です」と自身を紹介。茶目っ気を発動させたチョン・ホヨンは「600代まであるの? ぼくは392期だ」と返答する。するとパク・ボゴムは突然立ち上がり、敬礼しながら笑顔を見せた。

チョン・ホヨンは「パク・ボゴム上等兵の勤務地はどこなの?」と尋ねると、「大田(テジョン)鷄龍臺(ケリョンデ)海軍本部で軍務しています。軍楽隊文化広報兵として活動中です」と伝えた。

そして軍隊の食事で好きなものはスープだと言い「PX(軍隊にある売店のこと)には、いろいろな味のラーメンがあります」と付け加える。

チョン・ホヨンは「時間があったらPXには自由に行けるの? 僕は上等兵になるまでは、報告しなければならなかった」と回想。

このハイライト映像を見たネットユーザーは「バラエティーではめったに見られないパク・ボゴムを、こうして見ることができるなんて。すごい」「必勝、必勝、2回も敬礼する軍紀を引き締めた姿、かわいいです」「軍隊にうまく適応して、元気に過ごしているみたいでうれしい」などの反応を見せた。

パク・ボゴムは2020年8月31日に、鎮海海軍教育司令部669期で入隊。約20カ月の服務期間を終えた後、2022年4月末に転役予定となっている。

国防TVにゲスト出演し、元気そうな姿を見せたパク・ボゴム。(動画出典:YouTube 国防TV)
ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

パク・ボゴム

2011年映画『ブラインド』でデビュー。

以降、映画『コインロッカーの女』(2015)、ドラマ『君を憶えてる』(2015)などに出演。

『恋のスケッチ~応答せよ1988~』(2015-2016)で天才棋士チェ・テクを演じブレイク。2016年8月より放送されたドラマ『雲が描いた月明り』で地上波初主演を果たし、爆発的人気を得る。

パク・ボゴム プロフィール&記事(95)

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

パク・ボゴム 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース