NU’ESTのファン・ミンヒョンが今月12日、グループの公式インスタグラムに「初挑戦、初ドラマ『LIVE ON』が終わりました」と数枚の写真を掲載。感想と共に監督、スタッフ、俳優陣に感謝の気持ちを伝えている。

NU’ESTのミンヒョンが、出演していたJTBCドラマ『LIVE ON』の放送終了を受けて、所感を述べた。

NU'EST_ファン・ミンヒョン

初主演ドラマ『LIVE ON』の放送が終了し、思いを綴ったNU’ESTファン・ミンヒョン(画像出典:『NU’EST』公式Instagram)

今月12日、NU’ESTの公式インスタグラムアカウントに「初挑戦、初ドラマ『LIVE ON』が終わりました」と数枚の写真を掲載。

「初めて台本に目を通して『コ・ウンテク』を知ったのが昨日のことのようだけど、もうコ・ウンテクとお別れだなんて、とても残念に思う」「何もかも初めてだったので、より特別で大切な時間を過ごすことができた」と思いを綴っている。

「未熟で力不足な僕の話を現場でたくさん聞いてくださった監督をはじめ、多くのスタッフの皆さん、いつも楽しく撮影できるよう力になってくれた俳優の皆さんにありがとう。そして忘れられない思い出になってくれた『LIVE ON コ・ウンテク』にもありがとう‥」と気持ちを伝えた。

公開された写真には『LIVE ON』の台本を手に、集中しているミンヒョンの姿や、撮影現場の様子が収められている。

これを見たネチズン(ネットユーザー)は「素敵な作品でまた会えるのを楽しみにしてます」「まだお別れできない、私のウンテク」「本当に良くできました」「コ・ウンテク、ハマり役でしたね」「お疲れさまでしたコ・ウンテク」「楽しい時間をありがとう」などの反応を見せている。

JTBC『LIVE ON』は、全8部作で12日に放送が終了した。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。