(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)のファンが、ファンクラブ管理者の告知に対して謝罪を要求し、関心を集めている。

昨日、(G)I-DLE(ジー・アイドゥル) シュファの個人パート問題で、中国ファンが購入中断を表明する中、新たな問題が勃発した。

(関連記事)(G)I-DLE シュファに何が!? 中国ファンが抗議のアルバム共同購入を中断

間違いだらけの告知文が掲載されたと関心を集めている。

(G)I-DLEのカムバックイベント告知が間違いだらけだと関心を集めている。(画像出典:(G)I-DLE 公式Instagram)

次いで翌12日午後、ツイッターのリアルタイムで”#큐브_사과해(キューブ サグァヘ:CUBE_謝罪しろ)”というハッシュタグが急浮上。その理由は、この日の午後に(G)I-DLEの公式ホームページに掲載されたイベント告知が原因だ。

午後2時頃、ファンクラブ担当者は彼女たちの4thミニアルバム『I burn』の発売記念イベントを、この日から17日まで進行すると知らせた。

イベントに参加するためには、アルバムに封入されているラッキーカードを全て集め、叶えたい願い事を1フレームに入るよう写真撮影し、その後『(G)I-DLE U CUBEイベント掲示板』にハッシュタグと願いを一緒に作成する。当選者には、未公開フォトカードセットが贈呈される予定だ。

(G)I-DLEの告知文とされているスクリーンショット

(G)I-DLEの告知文(?)とされているスクリーンショット。(画像出典:オンラインコミュニティー)

よく見ると、このイベント告知のテーマは(G)I-DLEではなく”(女子)おばさん”と表記されている。さらにイベント名である”Neverning::HWAAiting”も”Neningning::HWAAiting”で書かれていた。しかもこれだけに留まらず、彼女たちのグループ名の英語表記”(G)I-DLE”を”(G)I-DIE”と記載していたのだ。

そのため「普段から(G)I-DLEをどのように扱っているのか」という抗議と共に「イベント告知を修正する時間があったら、謝罪文も作成すべきではないか」という反応が続いている。

しかしこの告知に対する内容は、ネイバーやウェールブラウザを使っている人たちが、翻訳機を使って出た結果だという。

そのため多数のネットユーザーは、自作自演ではないかと推測しているようだ。

(G)I-DLEは今月11日、4thミニアルバム『I burn』でカムバックし、タイトル曲『火花』で活動中だ。アルバム初動販売数は集計2日目現在、76,900枚以上を記録している。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。



(G)I-DLE

CUBEエンターテインメント所属の(G)I-DLE は、2018年5月2日にデビューした韓国の6人組ガールズグループ。

メンバーは、韓国国籍のスジン、ソヨン、ミヨン、タイ国籍のミンニ、中国国籍のウギ、中国(台湾)国籍のシュファで構成されている。

(G)I-DLE プロフィール&記事(16)