Netflixの世界的人気ドラマ『イカゲーム』に出演したイ・ジョンジェが、アメリカの『ゴッサム・アワーズ(Gotham Awards)』演技賞にノミネートされ、ハリウッド俳優のアニャ・テイラー=ジョイや、イーサン・ホークらと受賞を争うことになった。(記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優のイ・ジョンジェが、自主映画を対象とした映画賞『ゴッサム・インディペンデント映画賞(Gotham Independent Film Awards、以下『ゴッサム・アワーズ』)』の”演技賞”にノミネートされた。

イ・ジョンジェが『ゴッサム・アワーズ』の"演技賞"にノミネートされた

『ゴッサム・アワーズ』の”演技賞”にノミネートされたイ・ジョンジェ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

10月21日(現地時間)、バラエティーなどの現地メディアによると、イ・ジョンジェはNetflix(ネットフリックス)『イカゲーム』で『ゴッサム・アワーズ』の”演技賞”候補になったという。

この日、公開された内容によると、イ・ジョンジェは『クイーンズ・ギャンビット(The Queen’s Gambit)』のアニャ・テイラー=ジョイ(Anya Taylor-Joy)、『ザ・グッド・ロード・バード(The Good Lord Bird)』のイーサン・ホーク(Ethan Hawke)、『リザベーション・ドッグス(Reservation Dogs)』のデヴァリー・ジェイコブス(Devery Jacobs)、『ホワイト・ロータス/諸事情だらけのリゾートホテル』のジェニファー・クーリッジ(Jennifer Coolidge)、『ラザフォード・フォールズ(Rutherford Falls)』のマイケル・グレイアイズ(Michael Greyeyes)らと争うことになる。

また、『イカゲーム』を制作したキム・ジヨンとファン・ドンヒョク総括プロデューサーは、”画期的なシリーズ部門”にノミネートされた。

『ゴッサム・アワーズ』は、アメリカの独立映画支援団体が支援する授賞式で、2020年は女優のユン・ヨジョンが映画『ミナリ』で”女優賞”にノミネートされ、関心を集めた賞レースだ。

Netflixオリジナル『イカゲーム』は公開後、国内のみならず海外でも爆発的な関心を得て、世界1億1100万のNetflix契約世帯が視聴したという集計が発表された。これは、2020年公開の『ブリジャートン家』を超える歴代最高数値だという。

Netflixの共同CEOであり、コンテンツ責任者のテッド・サランドスは、「『イカゲーム』がNetflixの中で、史上最高の興行作になると思う」と過去に予測していた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース