7月3日午後に初放送されるtvNドラマ『悪魔判事』は、実生活で判事だったムン・ユソク作家の作品ということもあり、原作や人物相関図が注目を集めているが、ストーリーと結末に対する期待値も高まっている。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

tvN新土日ドラマ『悪魔判事』の初放送を控えている中、原作や人物相関図などに関心が集まっている。

チソン

tvNドラマ『悪魔判事』でカン・ヨハンを演じるチソン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

7月3日午後に初放送されるtvNドラマ『悪魔判事』は、仮想ディストピア韓国、全国民が参加するライブ法廷ショーとともに登場する悪魔判事カン・ヨハンのエピソードを描く。

俳優チソン演じるカン・ヨハンは、人間を平等に忌み嫌う示範裁判部の裁判長。悲惨な幼少時代を経験した彼は、自分に”やり返す力”があることを悟り、10年間本能を抑えながら、誠実で優秀な判事の仮面をかぶって生きてきた。

キム・ミンジョン扮するチョン・ソナは、社会的責任財団の常任理事でありカン・ヨハン唯一にして最大の宿敵。ただただ、”今”を生きている人物だ。

ジニョン(GOT7)はキム・ガオンを演じる。示範裁判部の陪席判事として、たった1度の放送で示範裁判部の”オタクメンバー”として、スターダムにのし上がった。カン・ヨハンから、強烈な寂しさを感じ取っている。

このほか、パク・ギュヨン(ユン・スヒョン役)、アン・ネサン(ミン・ジョンホ役)、キム・ジェギョン(オ・ジンジュ役)、チャン・ヨンナム(チャ・ギョンヒ役)、ペク・ヒョンジン(ホ・ジュンセ役)らが出演し、ドラマに魅力を添える。

tvNドラマ『悪魔判事』は、JTBCドラマ『ハンムラビ法廷~初恋はツンデレ判事!?~(邦題/2018)』の原作者で、実生活でも判事だったムン・ユソク作家の作品ということで注目を集めており、ストーリーと結末に対する期待値も高まっている。

tvNドラマ『悪魔判事』は毎週末土曜日、日曜日の午後9時から韓国で放送される。

韓国tvNの公式ホームページを見る(外部リンク)

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

人気ニュース

韓国俳優 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース