女優のソン・ヘギョとチョン・ジヒョンの1話当たりの出演料は、2億ウォン超えで業界最高を誇っていると、韓国メディアの韓国日報が報道。再び最盛期を迎えたと言われるソン・ジュンギも、現在出演料が上昇しているという。さらにその上を行く俳優がいるというのだが‥? (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

トップ俳優の出演料が、2億ウォン(約1900万円)台をはるかに超えた。

ソン・ヘギョとチョン・ジヒョン

ソン・ヘギョ(左)とチョン・ジヒョン(写真提供:©TOPSTAR NEWS)

11月30日、韓国メディア・韓国日報の報道によると、女優のソン・ヘギョとチョン・ジヒョンの1話当たりの出演料は、2億ウォン以上で業界最高を誇っているという。

ソン・ヘギョは現在、SBSドラマ『今、別れの途中です』に出演中。話題性、完売神話なども記録し、名実共にトップスターの威厳を見せつけた。

2016年に放送されたKBS 2TV『太陽の末裔 Love Under The Sun(邦題)』では、1話につき6000万ウォン(約580万円)の出演料を受け取ったとされ、2018年放送の『ボーイフレンド』で、すでに1億ウォンを突破したと言われている。

チョン・ジヒョンは2013年、SBSドラマ『星から来たあなた』に出演した際の出演料が、1本当たり1億ウォン(約960万円)、tvNドラマ『智異山』では2億ウォン(約1900万円)以上を受け取るであろうと予想。

一般的に、男女俳優の出演料の差が大きいことを考えれば、2人は性別問わず業界最高水準の出演料をもらっていることになる。

ソン・ジュンギの場合は2019年、tvN(Netflix)の歴史ドラマ『アスダル年代記』当時の出演料が、1億8千万ウォン(約1700万円)超えで、2021年のtvN(Netflix)ドラマ『ヴィンチェンツォ』では1話当たり2億ウォン(約1900万円)台だったという。

『ヴィンチェンツォ』を成功裏に終えた彼は、2022年放送予定の次回作となるJTBCドラマ『財閥家の末息子』では、さらに高い額の出演料を受け取ることになりそうだ。

ソン・ジュンギとソン・ヘギョは離婚後、むしろ出演料が上昇しており、目を引く。

現在韓国内最高の出演料を受け取っていると言われているキム・スヒョン

現在韓国内最高の出演料を受け取っていると言われている俳優のキム・スヒョン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

現在、韓国国内で最も高い出演料を誇る俳優はキム・スヒョンだ。彼はOTT(オンライン動画サービス)のCoupang Play(クーパンプレイ)シリーズ『ある日~真実のベール』に出演中。1話当たり5億ウォン(約4800万円)以上を受け取ったと言われている。前作のtvNドラマ『サイコだけど大丈夫(2020)』放送当時も、業界最高額の2億ウォン(約1900万円)以上をもらい、話題を集めた。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

キム・スヒョン

キム・スヒョンは韓国の俳優。所属事務所はゴールドメダリスト。1988年2月16日生まれ。

デビュー作は、ドラマ『キムチ・チーズ・スマイル』(2007)。

ドラマ『ドリームハイ』(2011)で初めて主演を務め一躍注目を浴び、2012年2番目の主演ドラマ『太陽を抱く月』では初めて時代劇に挑戦、視聴率40%を越える国民ドラマとなり、名実ともにトップスターになった。

キム・スヒョン 最新記事はこちら(40)

最新ニュースタグ

おすすめニュース

最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

RECENT TOPICs