(G)I-DLE(ジー・アイドゥル)スジンの沈黙が続いている中、CUBE(キューブ)エンターテインメントが、ドラマ『LOVE & WISH』を制作すると明らかにした。 (記事・写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

5月25日、CUBEエンターテインメント(以下、CUBE)側は、CINE de RAMAの3つ目の作品『LOVE & WISH』を制作すると明らかにした。

スジンは暴力疑惑についていまも沈黙を貫いたままだ

(G)I-DLEのスジンは、暴力疑惑についていまも沈黙を貫いたままだ。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

『LOVE & WISH』は、カカオページのロマンス作品の代表作家“イネ”の初作品だ。運命的な愛を夢見る女性主人公と、校内暴力疑惑に巻き込まれて悩む男性主人公通じて、思春期の高校生の初々しい愛と友情、成長の痛みを描く。

現在、CUBEは人気ウェブトゥーンIPを活用し、映画やドラマ、2種類の方式でコンテンツを同時に制作し、様々なプラットフォームで披露する“CINE de RAMA”事業を推進している。

(G)I-DLEのスジンが、校内暴力疑惑に対して沈黙を貫いている中、CUBEが”校内暴力疑惑に巻き込まれた青少年”を扱う作品を制作するというニュースが伝えられると、世論は冷ややかな反応を見せた。

スジンに対する疑いがまだ晴れていない状態で、所属会社がこのような作品を制作するということが「理屈に合わない」ということだ。

これに先立ち、今年2月、あるオンラインコミュニティーを通じて、スジンの校内暴力疑惑が提起された。そんな中、俳優のソ・シネが意味深な書き込みを残し、被害者ではないかという疑惑が加わる。

スジン側は、自身をめぐる校内暴力の疑惑が全て虚偽であると主張し、俳優のソ・シネに立場表明を求めた。結局、ソ・シネは「本人は覚えておらず、私と話したことがないと言っているが、それはそうだろう。一方的な侮辱だった」とし、被害の事実を暴露。

その後、ソ・シネに悔しさを訴え、明確な立場を明らかにしてほしいと頼んだスジン側は、活動を中断したまま、引き続き沈黙を保っている。

ⓒ TOPSTAR NEWS 提供(http://www.topstarnews.net/)
本記事は韓国Social Media Networks Co., Ltd.が運営するTOPSTAR NEWSの記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。

(G)I-DLE

CUBEエンターテインメント所属の(G)I-DLE は、2018年5月2日にデビューした韓国の5人組ガールズグループ。

韓国国籍のソヨン、ミヨン、タイ国籍のミンニ、中国国籍のウギ、中国(台湾)国籍のシュファで構成されている。

元々は6人体制でデビューしたが、2021年2月にメンバーのスジンが”校内暴力疑惑”を暴露され、一時的に活動を中断していたが、同年8月に脱退を発表。

その後は5人で活動を継続している。

(G)I-DLE プロフィール&記事(43)

最新韓流とK-POPニュース

最新ニュース

おすすめニュース