• 2021年に韓国で放送されたtvNドラマ『ハピネス』が、韓国のNetflix(ネットフリックス)で配信されることが決定した。
  • 本国ではドラマファンの間で話題になり、人気の逆走が期待されている。
  • 過去作が日本のNetflixで配信され、視聴ランキングにランクインした事例を紹介する。
『ハピネス』は、韓国のNetflixで配信されることが決定し注目を浴びている

韓国のNetflixで配信されることが決定し注目を浴びている『ハピネス』(画像出典:tvN)

パク・ヒョンシク&ハン・ヒョジュ主演のtvNドラマ『ハピネス』が、12月12日に韓国のNetflix(ネットフリックス)で配信がスタートする。

本国では2021年に、tvNとオンラインストリーミングサービスであるTVINGを介してドラマファンの元に届けられた作品だが、Netflixでは初めてのこと。

約2年前のドラマであるにもかかわらず”Netflixで配信する”という事実だけで、現在再注目されており、韓国の人気オンラインコミュニティーサイトやX(旧ツイッター)には、すでに話題となっている様子。

ユーザーからは、「ついに!」といった喜びの声が多数寄せられている。さすが、膨大な会員数を誇るストリーミングプラットフォームだ。

また本作は、感染症が蔓延する近未来を舞台にしたサバイバルスリラー。ゾンビものやアクション、クリーチャー系作品が支持を得ているNetflixと相性抜群なのではないかと言われており、人気の逆走を期待する声も。

現に昨年、一部の国を除いて世界に向けて配信されたところ、全世界8位を獲得するだけでなく、なんと26カ国の視聴ランキングにその名を連ねたことが。まるで魔法をかけたかのようにヒットを記録した。

過去作であってもラインナップに加えただけで、あっという間に人気を復活させることのできるNetflix。韓国では、すでに2つの媒体でお茶の間に届けられた『ハピネス』にも、”Netflixマジック”は通用するのか注目される。

残念ながら同作の日本配信は現段階において未定だが、SNSなどには、「そろそろ配信されてもいい頃なのでは?」との声がちらほら上がっており、今後視聴できるようになれば”今日のTV番組TOP10(日本)”にランクインする可能性が。マジックによって、あたかも最新作のように注目される日がくるかもしれない。

『昼と夜』

『昼と夜』(画像出典:tvN)

事実今年もそのような作品が複数あり、その1つがtvNドラマ『昼と夜』だ。

ナムグン・ミンが主演を務める予告殺人推理劇で、現在と28年前の時を超えて関係する2つの事件の謎を追う物語。2020年に韓国で放送され、2023年に日本のNetflixのラインナップに加えられたところ、4日連続1位の座に。3年前の作品とは思えないほど熱い視線を浴びた。

『紳士とお嬢さん』

『紳士とお嬢さん』(画像出典:KBS)

また、少し前には2021年のKBS2ドラマで、“お嬢さん”と“紳士”が繰り広げる波乱万丈なロマンチックコメディー『紳士とお嬢さん』が首位に輝いたことも。

同サービスであまり扱われることのなかったドロ沼系であったにもかかわらず、ユーザーから絶大なる支持を得た。

『九尾の狐とキケンな同居』

『九尾の狐とキケンな同居』(画像出典:tvN)

そしてもう1作、今年最もヒットしたといっても過言ではない『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』シリーズ(Netflix)を押さえて一時ランキングトップに躍り出たのが、2021年のtvNドラマ『九尾の狐とキケンな同居』だ。

999歳の九尾狐(クミホ)と1999年生まれの女子大生の同居生活を描いたロマンチックコメディーで、本国ではそこまで視聴率を獲得できず、各メディアもほぼノーマークだったが、Netflixマジックによって日の目を見ることに。

もちろん各作品のストーリーや演出、役者の演技など、様々なポイントが日本の韓ドラファンの心を掴んだのも大きな理由の1つだと予想されるが、Netflix配信作品であるという点も抜きにはできないだろう。

話題作や最新作を扱うことで知られるNetflixだが、実は過去作や韓国での視聴率がよくなかったドラマがラインナップに入っていることも。

マイナス要素を覆すことのできるパワーまで持った同サービスは、今後も世界中の韓ドラファンを夢中にさせる作品を届けてくれそうだ。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(971件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs