韓国だけでなく、海外でも大人気のNetflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『イカゲーム』。出演している俳優だけでなく、韓国文化やトレーニングウェアまで人気を集めているという。そんな『イカゲーム』の人気はどこまで続くのだろうか?

9月17日に公開された、Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ『イカゲーム』の人気が尋常じゃない!

韓国ドラマ界のBTS!? 『イカゲーム』シンドロームが止まらない!

韓国ドラマ界のBTS!? 『イカゲーム』シンドロームで飛ぶように売れだしたアイテムとは‥。(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:Netflix)

456億ウォン(約42億円)の賞金を掛けた、謎のサバイバルゲームに参加した人々が、最後の勝者になるために命懸けで極限のゲームに挑戦するストーリーを描いた『イカゲーム』は、韓国ドラマで初めてNetflixがサービスしている83カ国で1位を獲得する大記録を打ち立てた。

自国のコンテンツが強みであるインドでさえ、他国のドラマがトップに立つのは異例のことだ(FlixPatrol[フリックスパトロール]集計基準)。

海外メディアや海外有力者は、先を争って『イカゲーム』に大きな関心を見せている。

米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は10月2日(現地時間)、「『イカゲーム』がNetflix史上最高の興行作品になる可能性がある」との見方を示し、アマゾン創設者のジェフ・ベゾス氏は、同日自身のツイッターに「Netflixの国際化戦略は容易ではないと思っていたが、彼らはうまくやっている。『イカゲーム』の成功は、とても安定的でインスピレーションを与えてくれる。『イカゲーム』が早く観たい」と綴った。

このような爆発的な海外の反応とは異なり、当初、韓国の視聴者の間では好き嫌いがはっきりと分かれた。女性や老人、外国人労働者などの扱い方が「やや時代錯誤的だ」という指摘が出たからだ。しかし演出を担当したファン・ドンヒョク監督は最近、オンラインインタビューを通して「VIPシーンでのボディーペインティングは、VIPが人間をどこまで道具のように使うのかを表現したかった。ボディーペイントをした人の中には、男性もいた。ハン・ミニョ(キム・ジュリョン扮)のキャラクターも、人間が最悪の状況に追い込まれた時にできる極端な状況を表現しただけで、特定の性別を嫌悪する意図はなかった」と説明。その後、世界で爆発的な反応が続き、状況が逆転した。

海外が、これほどまでに『イカゲーム』に注目する理由は何だろうか?

映画『パラサイト 半地下の家族』に通じるシンパシー

まず、疎外された彼らが感じる不公平や貧富格差のように、人種や国籍に関係なく、誰もが共感できる普遍的な問題意識が共通の意識を持ったという評価だ。実際に、ポン・ジュノ監督の映画『パラサイト 半地下の家族(2019)』と比較した反応が多い。

一攫千金を狙ってゲームに挑む『イカゲーム』

一攫千金を狙ってゲームに挑む『イカゲーム』が伝えたいこととは。(写真提供:©スポーツ韓国、画像出典:Netflix)

9月29日、米メディアのCNNは、「『イカゲーム』は何であり、なぜ人々を魅了させるのか?」という記事を通して「夢中になれる作品だ。話題を呼ぶというのは節制された表現で、映画『パラサイト 半地下の家族』で明らかになったことと非常に似ている現象だ」と説明した。

英国紙ガーディアンも、『全世界を魅了した地獄ホラーショー』という見出しを打ち「『イカゲーム』は『パラサイト 半地下の家族』のように、経済的不公平が深刻な現在の韓国社会を背景にしている。劇中のゲームが怖いといっても、果てしない借金に苦しんできた人々の人生よりマシじゃないのか?」と推測する。

この他に、残酷でグロテスクな設定の中の、人間性に対する希望のメッセージが、新鮮な魅力として作用したと見られる。さらに、イカゲームやビー玉遊び、タルゴナ(砂糖菓子)の型抜きゲームなど、韓国らしい情緒と文化が新たな好奇心を刺激した。

実際、国内外の『イカゲーム』ポップアップ体験館には、コロナ禍で大勢の人が集まるという騒ぎがあった。また、作品に登場するタルゴナやラーメン、焼酎などのおかげで、一部の業界は“サプライズ特需”を受けている。その上、主人公の衣装は今年のハロウィーンヒットアイテムになった。

“イカゲーム衣装”の人気と俳優の名演

10月5日(現地時間)、ウォール・ストリート・ジャーナルは、「緑色のトレーニングウェアとジャンプスーツが、今年のハロウィーンの人気衣装として浮上」と報じた。Google(グーグル)トレンドによると、10月31日のハロウィーンを控え、検索語に“イカゲーム衣装”が最高値を記録し、アマゾンドットコムでも人気を集めているという。

俳優の名演も『イカゲーム』の人気を支える要因だ。イ・ジョンジェ、パク・ヘスなどの主演俳優の人気はもちろん、短い出演シーンの助演から端役までが、世界的に注目されている。特に、カン・セビョクを演じたチョン・ホヨンは、10月5日基準で、韓国女優のSNSフォローワー数1位に。『イカゲーム』の公開前は40万人だったフォローワー数は、1400万人を突破した。

(関連記事)Netflix『イカゲーム』ウィ・ハジュン’起きたらSNSのフォロワーが‥’ 数字に驚愕

その他にも、イ・ビョンホンやコン・ユをはじめ、オ・ヨンス、ウィ・ハジュン、ホ・ソンテ、キム・ジュリョン、イ・ユミ、トリパーティ・アヌパムなどが広く愛されている。さらに、3話でわずか10秒ほど出演したイ・ジョンジュンまで、“四角仮面の男”というキャッチコピーとともに人気スターへとのし上がった。

最大の恩恵者はNetflix?

俳優や制作チーム、韓国文化への爆発的な関心が続いているが、何といっても最大の恩恵者はNetflixだ。

9月30日(現地時間)、米ニューヨーク証券市場で、Netflixの株価は前日より1.88%高の610.34ドル(約6万8000円)と、過去最高値を記録。米ブルムバーグ通信は、Netflixの好材料の要因として『イカゲーム』の人気を挙げ、「『イカゲーム』の成功は、アジア太平洋地域で最も明確で、世界的にダウンロードが急増している」と伝えた。

イ・ジョンジェは最近、韓国メディアスポーツ韓国とのインタビューで「NetflixのようなOTTプラットフォームの力を改めて感じている。SNSをしていなかった当時さえ、反響が感じられたほどだ。時々刻々と投稿される反応も不思議で、世界中の視聴者の方々のパロディー映像の方が僕たちよりアイデアが良いので、楽しく見ている。各種イベントもアメリカスタイルだった」と笑った。

また「独特なコンセプトが通じたと思う。恐怖のサバイバルゲームの中に、それぞれの哀歓が込められていて、複合的な感情がよく調和されたシナリオだった。何より、『イカゲーム』が共感される時代でもある。監督は約10年前から準備してきた作品だが、構想した時代ではなく今公開されたことが、より多くの人の共感を得られたのだと思う」と、人気を分析した。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。




最新韓流とK-POPニュース

人気ニュース

韓国社会 動画をみる

最新ニュース

おすすめニュース