俳優のユ・ヨンソクが、ドミニカ共和国で目撃されていると、地元のファンの情報が続々と上がってきている。なぜ、ユ・ヨンソクがドミニカ共和国にいるのだろうか、その真相は? (写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優のユ・ヨンソクがドミニカ共和国で目撃され、地元ファンによって撮られた写真がSNSを賑わせている。

ドミニカ共和国での目撃談が相次いでいるというユ・ヨンソク

ドミニカ共和国での目撃談が相次いでいるという『スリナム』撮影中のユ・ヨンソク。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

なぜなら現在彼は、Netflix(ネットフリックス)オリジナルドラマ『スリナム』(ユン・ジョンビン監督)の撮影のため、ドミニカ共和国に滞在しているのだ。

(関連記事)ファン・ジョンミン、ハ・ジョンウ‥ドラマ「スリナム」超豪華キャスト発表

11月5日、ツイッター上にはユ・ヨンソクがドミニカ共和国の首都、サント・ドミンゴのあるサンドイッチ店の前で撮影している姿をとらえた写真と動画が多数掲載された。

現地ファンは”#YooYeonSeok #suriname #actorescoreanos”などのハッシュタグを付けて、SNSに写真をアップロードし、また別のファンは該当の投稿をリツイートして、ユ・ヨンソクと『スリナム』を含む韓国ドラマへの熱い関心を表している。

該当の写真と動画によると、撮影は昼から夜まで続けられていた様子。韓国人スタッフと現地スタッフ、撮影現場を見守る現地の人たちの姿がたくさん確認できる。

韓国国内でも、メインキャストと最小限のあらすじ以外は情報が出ていない『スリナム』だけに、ドミニカ共和国での反応で、ドラマに対する高い注目度が感じられる。

映画関係者によると、『スリナム』の主な出演陣と制作チームは11月の初めに、撮影のためにドミニカ共和国へ出国したという。

Netflixオリジナル『スリナム』は、南米の国家スリナムを掌握した韓国人麻薬王を検挙するため、国家情報院の秘密作戦に協力するしかなかった、民間人事業家の命がけの旅を描いたドラマだ。

映画『悪いやつら(2013)』『群盗:民乱の時代(邦題/2014)』『工作 黒金星と呼ばれた男(邦題/2019)』を手掛けたユン・ジョンビン監督が演出を引き受け、ハ・ジョンウ、ファン・ジョンミン、パク・ヘス、チョ・ウジン、ユ・ヨンソクなど、映画界を代表する俳優たちが総出動している。

当初、ドミニカ共和国で撮影する予定だった『スリナム』は、新型コロナウイルスのパンデミックにより、該当国家が入国制限措置をとったため、国内撮影に方向転換。済州島、全州、釜山などで撮影を進めてきた。

『スリナム』の撮影陣は、粘り強く海外撮影を模索し、“Withコロナ時代”を迎え、ようやく当初の目的地であったドミニカ共和国で、2カ月余の撮影を行うことになった。名だたる国内制作スタッフと出演者が集まった本作品がどんな成果を見せてくれるのか、公開が待ち遠しい。

ⓒ 한국미디어네트워크 提供(http://sports.hankooki.com/)
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。








この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs