俳優のペク・ソンヒョンの娘ソユンちゃんが、様々な単語を駆使する驚くべき言語能力で、KBS2人気育児バラエティー『スーパーマンが帰ってきた』の、最年少“言語の天才”になった。ソユンちゃんはまだ生後14カ月だが、歩くことより言葉を先に学んだという。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

俳優のペク・ソンヒョンの娘ソユンちゃんが、驚くべき言語能力で『スーパーマンが帰ってきた』の”最年少 言語の天才”になった。

ペク・ソンヒョン

俳優のペク・ソンヒョン(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

1月30日に放送されたKBS2人気育児バラエティー『スーパーマンが帰ってきた』では、ペク・ソンヒョンと14カ月になった娘、ソユンちゃんの日常が放送された。

この日ペク・ソンヒョンは、妻と娘と一緒に住んでいる3階建ての田園住宅を公開。

娘のソユンちゃんは朝1人で起きた後、周りに設置されたカメラを見て「これ何?」と話し、驚いた様子を見せる。

カメラが動くと驚いて固まってしまい、「何? 本当に怖い」と正確に感情を表現。

『スーパーマンが帰ってきた』の最年少“言語の天才”になったソユンちゃんは、生後14カ月ということが信じられないほど、様々な単語を駆使し、ナレーションを務めるソ・ユジンを驚かせた。

ペク・ソンヒョンは娘について、「他の赤ちゃんより5週早く生まれたため、2週間新生児集中治療室にいた。幸い急激に成長し、他の子どもと体格が変わらない」と明らかにした。

ソユンちゃんは、歩くことより言葉を先に学んだという。

ペク・ソンヒョンは1989年生まれで、今年33歳(日本年齢)だ。

彼は1994年、映画『私は望む、私に禁じられたことを』でデビューし、ドラマでは、MBC『恋人(原題/1996)』、MBC『黄金時代(原題/2000)』、SBS『美しき日々(2001)』、MBC『チェオクの剣(2003)』、SBS『天国の階段(2003)』、MBC『英雄時代(原題/2004)』、KBS2『アクシデントカップル(2009)』、JTBC『インス大妃(2011)』、MBC『華政(ファジョン)(2015)』、SBS『ドクターズ~恋する気持ち(2016)』などに出演した。

2020年に3歳年下の妻と結婚した彼は、同年、娘であるソヨンちゃんが誕生した。


『スーパーマンが帰ってきた』に俳優ペク・ソンヒョンが登場!(動画出典:YouTube KBS Entertain)

한국미디어네트워크 提供
本記事は韓国MEDIA NETWORKが運営するスポーツ韓国の記事内容の一部あるいは全部 及び写真や編集物の提供により作成されております。Danmeeは読者様からフィードバックを大切にします。記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。





編集部おすすめ記事blank

こちらも投票お願いします!

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs