パク・ミニョンが、欲しいままにしてきた“ロコ女王”の名に、傷が付く可能性が浮上している。9月28日に報じられた熱愛報道がきっかけだ。これまでのイメージは失墜し、その影響を受けたのか、出演中のドラマ『月水金火木土(tvN)』は、視聴率が低下した。

パク・ミニョンが築き上げてきた輝かしい女優人生に、暗雲が漂っている。

パク・ミニョンは女優。

女優のパク・ミニョン。(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

9月28日に、“韓国の文春砲”と言われているDispatch(ディスパッチ)が報じた、彼女の熱愛説がきっかけだ。

(関連記事)パク・ミニョン側 熱愛説について公式立場発表「すでに別の道を歩んでいる」

翌日、パク・ミニョンの所属事務所であるHOOKENTERTAINMENTが、交際の事実を認めた上で現在は破局している旨を発表したが、2人に対する世間の関心は高まるばかり。一部ネットユーザーの間では、相手の男性の顔写真まで拡散されている状況だ。

その理由の1つに、元交際相手が資産家だと報じられたことが関係している。

パク・ミニョンが、男性から金品を貢いでもらっていたのではないかという報道に加え、愛車ランボルギーニをプレゼントしてもらったという具体的な噂まで飛び出し、彼女が”俗物”であるかのようなコメントが後を絶たない。中には、彼女に対しがっかりしたという反応を見せている人も。

それもそのはず、パク・ミニョンといえば『キム秘書はいったい、なぜ?(tvN/2018)』、『彼女の私生活(tvN/2019)』、『気象庁の人々:社内恋愛は予測不能?!(JTBC/2019)』などに出演し、男性の地位や経済力にとらわれず、純粋に恋する役柄を演じて視聴者にときめきを届けてきた人物。演じた役のイメージが彼女についているのだ。

しかし私生活では一転、資産家と交際していたとなれば、「やっぱり金なのか」と、世間は推測し失望の意を示しているものと見られる。

パク・ミニョンは、『キム秘書はいったい、なぜ?(tvN/2018)』に出演した。

『キム秘書はいったい、なぜ?(tvN/2018)』に出演した際のパク・ミニョン。(画像出典:tvN D ENT 動画キャプチャー)

そしてこれが影響したのか、現在出演中のロマンティックコメディードラマ『月水金火木土(tvN)』の視聴率はダウン。

朝鮮日報やファイナンシャルニュースによると、初回放送は2.9%でまずまずといった滑り出しを見せていたが、報道当日の第3話は1.8%に低下してしまった。

『月水金火木土(tvN)』は、パク・ミニョンが現在出演中のドラマ。

パク・ミニョンが現在出演中のドラマ『月水金火木土(tvN)』。(写真提供:ⓒ スポーツ韓国、画像出典:tvN)

“ロコ女王”の異名を持つパク・ミニョンが主演を務めるとあって、制作発表の段階から熱い視線を浴びていた本作だが、彼女についたマイナスイメージが、どうやら足を引っ張っているようだ。

また見る者からすると、私生活の印象が強烈過ぎてストーリーに共感しづらくなってしまう。

万が一このまま視聴者離れが加速すると、“ロコ女王”という名声を失うことが心配される。

しかもこの状況に追い打ちをかけるように、相手の男性にまつわる“黒い噂”が広がりを見せており、“怪しい資産家”という印象を受けている人は少なくない。既に破局しているとはいえ、パク・ミニョンにとってプラスにならないのは明らかだ。

Dispatchの報道によると、元交際相手は2013~2014年に詐欺事件に関わり、2016年に詐欺および私文書偽造などの罪で懲役2年6月、執行猶予3年を言い渡されたとのこと。2014~2015年には、金融会社の迂回融資に加担したそうだ。

またそれに加え、暗号通貨取引所ビッサム(Bithumb)をはじめ、ビデント、インバイオジェン(INBIOGEN)、バケットスタジオ(Bucket Studio)などの実所有者ではないかという疑惑を提起。

その上で、元々携帯電話端末の販売事業に携わっていた彼と、携帯電話のアクセサリーを販売していた妹が、2020年に突然、ビデント、バケットスタジオ、インバイオジェンという上場企業3社を買収したとし、その資金230億ウォンの出どころが不透明である点を取り上げた。

パク・ミニョンは、当該男性とは既に破局しているとのことだが、『月水金火木土』の視聴率の低下をはじめ、“ロコ女王”としてのイメージの失墜まで、“怪しい資産家”との熱愛は、彼女にとってどうやら大きな傷跡を残しそうだ。

(構成:西谷瀬里)




韓国女優 最新記事はこちら(1459)

ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs