PPL(間接広告)やCG映像などで韓国の大衆から非難を浴びていた『ザ・キング:永遠の君主』が、Netflix(ネットフリックス)で大ヒットしている。酷評を受けてもビジネスの世界では“成功作”と言えるようだ。

過度なPPL(間接広告)などで韓国内のネットユーザーたちから酷評を受けている『ザ・キング:永遠の君主(以下:ザ・キング)』が、Netflix(ネットフリックス)では高い人気を受けている。

Netflixで快進撃を見せる『ザ・キング』

Netflixで快進撃を見せる『ザ・キング』(画像出典:ザ・キング 公式HP)

4月17日に初回放送された『ザ・キング』は、全世界190ヶ国・約1億3000万人の加入者を有したネットフリックスとウェイボーなどを通じて放送されており、韓国内はもちろん海外でもほぼ同時に視聴することが出来る。

6月2日基準、ネットフリックスのFlixPatrol(フリックスパトロール)によると、『ザ・キング』は日本で4位、香港、マレーシア、タイ、フィリピンで1位を記録しており、批判が溢れる韓国でも2位にランクインしている。

『ザ・キング』の1話当たりの製作費は20億~25億ウォン(約2億円)だと知られており、全16部作であることを考えると総製作費320億ウォン(約32億円)を越える超大作ということになる。

韓国の各種メディアによると、『ザ・キング』は、SBSの放映権料とネットフリックスでの同時放映版権ですでに製作費を回収しており、PPLまで含めるとマージンが30%を上回ると推測されている。

そう考えると、『ザ・キング』はビジネスの世界では“成功作”と言えるだろう。

『ザ・キング』Netflixでのランキング

『ザ・キング』Netflixでのランキング(画像出典:FlixPatrol)

アジア圏で人気を受けている『ザ・キング』

アジア圏で人気を受けている『ザ・キング』(画像出典:FlixPatrol)

一方、『梨泰院クラス』や『愛の不時着』など、ここ最近の韓国ドラマは、現実社会で起こっているようなテーマをリアルに表現している作品が多く、視聴者たちから共感を呼ぶような設定が韓国国内でウケているという傾向にある。

そのため、『ザ・キング』のような“大韓民国と大韓帝国の壮大なパラレルワールド”というSFファンタジーは現実味が感じられず、おまけに複雑すぎてドラマにハマるところまで辿り着かず、途中で視聴を諦めてしまうユーザーが多いような感じが受け取れる。

だが、『ザ・キング』はすでに後半部分に突入し、これまで難解だったパズルが徐々に組み合わさり面白味を増しているところだ。

SNS上では様々な考察が溢れ、「やはりキム・ウンスク作家の作品だ」「13話目にしてようやく面白くなってきた」「16話で全てまとめられるのか?」「どういう展開になるのだろう?」という期待の声も多く寄せられている。



地上波での視聴率は惨敗と言われているが、劇的な展開に向かって視聴者たちを惹き込こんでいる『ザ・キング』は、ネットフリックスで快進撃を続けることが出来るのだろうか..

アジア圏で人気を謳歌している韓流スターイ・ミンホ、『トッケビ』のキム・ゴウン、キム・ウンスク作家の最強タッグの底力を見せつけてほしいところだ。