俳優ナム・ジュヒョクと女優チョン・ユミ主演のNetflixオリジナルシリーズ『保健教師アン・ウニョン』に登場する”ジェリー”が、ソウル市内を走るバスの中で見られ、オンラインで話題になっている。これは、Netflix側の斬新なPR方法なのだが、この”ジェリー”とは何者なのか説明したいと思う。

俳優ナム・ジュヒョクと女優チョン・ユミ主演のNetflixオリジナルシリーズ『保健教師アン・ウニョン』が話題だ。

9月25日にNetflixで公開される『保健教師アン・ウニョン』は、他人の目には見えない”ジェリー”を見ることができる特別な能力を持った保健教師のアン・ウニョン(チョン・ユミ)が新しく赴任した高校で、漢文教師のホン・インピョ(ナム・ジュヒョク)と共にミステリーを解決していく陽気なファンタジーシリーズだ。

女優チョンユミ、俳優ナムジュヒョク主演

女優チョン・ユミ、俳優ナム・ジュヒョク主演『保健教師アン・ウニョン』(画像出典:Netflix)

アン・ウニョンだけに見える世界は、欲望の残余物である”ジェリー”が溢れており、自身だけの特別な力で、汚染された”ジェリー”を退治する。原作小説の作家でありシリーズの脚本作業にも参加したチョン・セラン作家は「どんな怪物やおばけより、欲望が恐ろしいこともある」と、”ジェリー”という欲望が溢れる世の中を創造することになったという。

シリーズを演出するイ・ギョンミ監督は「ジェリーは、まるで遠い世界に生きる生物のようだが、視聴者が親近感を感じるように作りたかった」と語り、このように誕生した”ジェリー”は、可愛いタコジェリーから威嚇的なヒキガエルジェリーまで、大きさ、色、性格も多様なジェリーがシリーズの中で重要な主人公として登場する。

ジェリーと戦うアンウンギョン(チョンユミ)

ジェリーと戦うアン・ウニョン(チョン・ユミ)(画像出典:Netflix)

そんなアン・ウニョンだけが見える”ジェリー”が、ソウル市内を走るバスで一般人の目でも見られると話題だ。Netflix側は、ソウル市内のバスの窓のあちこちに”ジェリー”のステッカーを付けてPRに乗り出している。

“ジェリー”ステッカーには「マスクを必ず着用してください。私の名前は”タコジェリー”。正直、私はちょっと可愛いです」と新型コロナウイルスの予防コメントとともに、作品の中のキャラクターを紹介している。

ソウル市内を走るバスにジェリーが登場

ソウル市内を走るバスにジェリーが登場(画像出典:オンラインコミュニティー)

タコジェリーだけでなく、クラゲジェリーなど様々なジェリーがバスに現れ、これを見た一部のネットユーザーからは「出勤途中、バスの窓についていたジェリー。すごくカワイイ。絶対に見る」「このPR方法は斬新で面白い!」「番組でどんなジェリーが登場するのか楽しみ」「主演がナム・ジュヒョク、チョン・ユミと聞いただけで大ヒットの予感」などの反応が寄せられている。

この斬新なPR方法が吉と出るだろうか‥。”ジェリー”との死闘に時間と心を注ぐ孤独な女戦士アン・ウニョンは、無事にジェリーを退治して平和を守ることが出来るのか、興味をそそる面白そうな内容に、早くも期待が高まっている。

(関連動画)ナム・ジュヒョク、チョン・ユミ出演 ドラマ’保健教師アン・ウニョン’ 予告編