ボーイズグループNCTのジェヒョンが、映画『バンジージャンプする』のドラマ版リメイクに出演する。原作では、俳優のイ・ビョンホンとヨ・ヒョンスが切ないBLラブストーリーを披露。心の琴線にふれるようなファンタジーロマンスであったものの、同性愛を描いたことで、当時は賛否の声が上がっていた。

ボーイズグループNCT(エヌシーティー)のジェヒョンが、映画『バンジージャンプする』のドラマ版リメイクに出演することが決定した。

本格的な演技活動を開始した、NCT(エヌシーティー)のジェヒョン

NCT(エヌシーティー)のジェヒョンが、本格的な演技活動を開始!(画像出典:ジェヒョン公式Instagram)

2001年に公開された『バンジージャンプする』は、亡くなった恋人のテヒ(故イ・ウンジュさん)を忘れられない高校教師のソ・イヌ(イ・ビョンホン)が、彼女と同じ行動をする学生のイム・ヒョンビン(ヨ・ヒョンス)に出会ったことで繰り広げられるロマンスを描く。

イ・ビョンホンや故イ・ウンジュさん、ヨ・ヒョンスなどの人気スターが出演し、当時大きな話題を集めていた。

ジェヒョンは今回、原作でヨ・ヒョンスが扮したイム・ヒョンビン役を担当する。彼は本作を提案された際、原作と台本に対する信頼で出演を決心したという。

ドラマ版リメイク作は来年1月から撮影を開始し、カカオTVオリジナルシリーズとして来年下半期に公開される予定だ。

イ・ビョンホンが主演を務めた『バンジージャンプする』が公開されたのは、2001年だ。

イ・ビョンホン『バンジージャンプする』

イ・ビョンホンが主演を務めた『バンジージャンプする』(画像出典:韓国オンラインコミュニティー)

本作は、男性主人公イヌが元恋人の生まれ変わりのような男子学生ヒョンビンに出会い、永遠の愛を育んでいくストーリーを描いている。男性と男性の恋愛、つまりBLを描いたと言われる作品であるが、実はその奥は深い。

イヌは、忘れられない人との思い出が、教え子であるヒョンビンの行動と重なってしまうことから、まるで彼女と再会したかのような気持ちになる。そんな不思議な現象に戸惑いながらも、それを受け入れていくイヌ。

映像だけを見れば、男性と男性が愛を紡いでいく同性愛に見えるが、ヒョンビンは主人公の元恋人の生まれ変わりとも見て取れる”ファンタジー要素の高いロマンス映画”でもあるため、単純に同性愛と見ることはできない面もある。

しかし公開当時、保守的な韓国社会では、同性愛に対して寛容さは無かった。同性愛への偏見はもちろん、当時はエイズなどの病気に対しても偏見があったことから、作品に対しては批判的な意見が多かったそうだ。

ヨ・ヒョンスとイ・ビョンホン

性別を超えた真のラブストーリー『バンジージャンプする』

その一方で、イ・ビョンホンとヨ・ヒョンスが演じた穏やかな愛の形は、性別を超えた真のラブストーリーを描いているとの称賛も届けられている。

特に、彼らが会話をするシーンでは、全ての偏見を削ぎ落すかのような純粋なラブストーリーを伝えているとし、観客に切なさと静かな余韻を残した名作映画との声も。

稀に見る名作との称賛を浴びる、映画『バンジージャンプする』。ドラマ版リメイク作で、ジェヒョンはどのような愛おしいラブストーリーを披露していくのだろうか。NCTファンだけでなく、映画ファンからも注目を集めている。


映画『バンジージャンプする』最後のシーン OST『君は美しい女性』(画像出典:Youtube)








編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs