• イ・ミンホが今年で5年連続、海外で最も愛される韓国俳優のトップに輝いた。
  • 本国のみならずアジア圏で高い人気を得て以降、徐々にエリアを拡大、今ではグローバルスターの地位を確立している。
  • その中の国の1つナイジェリアで、男性が嫉妬するほど高い人気ぶりを立証した出来事をご紹介。
イ・ミンホは、海外で最も愛される韓国俳優1位に選ばれた

海外で最も愛される韓国俳優1位に選ばれたイ・ミンホ (画像出典:イ・ミンホ 公式Instagram)

イ・ミンホが、海外で最も愛される韓国俳優1位に選ばれました。

韓国の国家行政機関である文化体育観光部が韓国文化交流振興院と共に、国外における韓流の実態調査を、例年どおり今年も実施。

回答者2万5千人のうち9.1%が“1番好きな韓国俳優”にイ・ミンホを選び、なんと彼は5年連続でトップの座をキープしました。

『花より男子~Boys Over Flowers』(KBS2/2009)をきっかけに、主に日本や中華圏で高い支持を得て、最近では『PACHINKO パチンコ』(Apple TV/2022)で欧米からの人気も獲得し、グローバルスターへと成長したイ・ミンホ。

この2作以外にも新作ドラマに出演するたびに、徐々に海外での認知度をアップ、国境を越え多くの人の心を虜にしてきました。

その国の1つがナイジェリア。起爆剤となったのは、『ザ・キング:永遠の君主』(SBS/2020)でした。

『ザ・キング:永遠の君主』(SBS/2020)は、イ・ミンホがナイジェリアで支持されるきっかけになった作品

イ・ミンホがナイジェリアで支持されるきかっけとなった『ザ・キング:永遠の君主』(SBS/2020)(画像出典:ザ・キング 公式HP)

韓国では期待値が上がりすぎていたためか、イ・ミンホにしてはあまり視聴率を獲得できなかった作品ですが、日本をはじめ国外での人気は高く特にナイジェリアで大好評。同国では、彼の女性ファンが激増したそうです。

そしてイ・ミンホシンドロームまで巻き起こし、“国民のお婿さん”と呼ばれるように。

イ・ミンホは、『ザ・キング:永遠の君主』で人気に火が点き、ナイジェリアで“国民のお婿さん”と呼ばれるようになった

『ザ・キング:永遠の君主』で人気に火が点き、ナイジェリアで“国民のお婿さん”と呼ばれるようになったイ・ミンホ(画像出典:SBS)

また、今から約3年前の彼の誕生日には、“イ・ミンホ”がナイジェリアのSNSでトレンド1位に上がるという驚くべき出来事が。

一般のファンによるお祝いコメントが殺到するだけでなく、同国のセレブまで祝福メッセージを送り、大いに盛り上がったそうです。

そしてこの騒ぎは、韓国のドラマや役者をよく知らない人にまで、彼の存在を知らしめる機会となりました。“イ・ミンホって一体誰なの?”と話題になったのです。

そんな中、自身のパートナーや大切な女性がイ・ミンホに夢中で、虚しさを感じる男性が出現。

自身のさみしい感情を、自虐的でユーモアたっぷりに表現するコメントが溢れました。

例えばその1つが、「イ・ミンホが結婚する日、ナイジェリアの女性はショックを受けかつらを外し、泣きながら気が変になったかのように家の外に飛び出すだろう」というもの。

イ・ミンホの結婚は、ファンにとって自分の身なりに構っていられないほどの衝撃的な出来事だという意味合いで、ファンが彼に陶酔しきった様子を表現したようです。

他にも「僕の大切な人の心の旦那さん。今日は彼の誕生日だよ・・」と一言。SNS上の騒ぎに何事かと驚いている人たちに対し、イ・ミンホをこのように紹介しました。

またある人は、「イ・ミンホはあなたのことを知らないよ」と、あまりの熱狂ぶりに少し自制したらどうかと提案する声も。

そんな中自身の誕生日に、彼女からもらったと推測されるメッセージと、その女性がイ・ミンホに送ったお祝いコメントをキャプチャ、並べて投稿し自分の方が短いと、文章の長さの違いに嫉妬するキュートな男性も現れます。

アジアや欧米だけではなく、ナイジェリアの女性までも虜にしてやまないイ・ミンホ。

彼の人気は一体どこまで広がるのでしょうか。

放送日など詳細は明らかになっていませんが、新作ドラマ『星たちに聞いてみて』と、『PACHINKO パチンコ2』(Apple TV+)でドラマファンを楽しませる予定だけに、今後さらに勢いを増すことが期待されます。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(546件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs