• 2PM(ツーピーエム)のメンバーで俳優のイ・ジュノが、JTBCの新作ドラマ『キング・ザ・ランド』の撮影で忙しい日々を送っている。
  • 放送開始日は未定だが、ファンの間ではすでに大きな話題だ。
  • そこで本記事では彼の次期作に期待し、大ヒットを記録した『赤い袖先(原題/袖先赤いクットン/MBC)』での好演を振り返る。

2PM(ツーピーエム)のメンバーで俳優のイ・ジュノが12月1日、自身のYouTube(ユーチューブ)チャンネルで近況を伝えました。

イ・ジュノは、2PMのメンバーで俳優

2PMのメンバーで俳優のイ・ジュノ(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS)

それによると最近は、JTBCの新作ドラマ『キング・ザ・ランド』の撮影で忙しいとのこと。

現段階で放送開始日は分かっていませんが、過去に『MBC歌謡大祭典』で息の合った様子が話題となったユナとの共演に、ファンの間では早くも話題になっています。

イ・ジュノは、自身のYouTubeチャンネルで近況を伝えた

自身のYouTubeチャンネルで近況を伝えたイ・ジュノ(画像出典:YouTube イ・ジュノLEE JUNHO)

それに加え最近、様々な場面で『キング・ザ・ランド』に関する発言が増え、本作を意識してかプロフィール写真まで変更した彼。

それだけ熱心に取り組んでいるということでしょうか。どのような演技を披露してくれるのか期待が高まります。

(関連記事) 2PM ジュノ&少女時代 ユナ共演 新韓ドラ’キング・ザ・ランド’撮影スタート!

しかも彼が演じるのは財閥の御曹司役。生まれ持った気品とカリスマ、明晰な頭脳とシックな魅力まで兼ね備えた、女性視聴者をときめかせてくれそうな役柄です。

ロマンティックコメディージャンルの本作で、イ・ジュノが描き出すキャラクター像が注目されます。

またイ・ジュノといえば昨年、『赤い袖先(原題/袖先赤いクットン/MBC)』で朝鮮第22代王イ・サン役を担当。数々の作品で幾度となく描かれてきた人物に、自分だけのカラーを付け加えてツンデレキャラを見事に表現し、多くの視聴者の心を鷲掴みにしています。

『赤い袖先(原題)』でイ・サン役を演じたイ・ジュノ

イ・ジュノがイ・サン役を演じた『赤い袖先(原題)』(©2021MBC)

その結果、彼の演技は高く評価され『2021 MBC演技大賞』をはじめ、『第58回 百想(ペクサン)芸術大賞』、『第34回韓国PD大賞』、『2022 APANスターアワード』でトロフィーを手に。

作品自体も高い視聴率と多くの話題性を得ており、6個の授賞式で様々な賞を獲得しています。

こうして、韓国ドラマで見慣れた登場人物を生まれ変わらせ、見事なキングぶりで俳優としての実力を改めて立証したイ・ジュノ。

イ・ジュノは、見事なキングぶりで俳優としての実力を改めて立証した

見事なキングぶりで俳優としての実力を改めて立証したイ・ジュノ(画像出典:MBC)

そんな彼だけに、『キング・ザ・ランド』での気品のある”御曹司役”が期待されます。もしかするとこれまでにないロイヤルファミリーの息子像を作り出し、お茶の間を楽しませてくれるかもしれません。

しかも次期財閥のトップになるかもしれないキャラクター。『赤い袖先』で既に、人の上に立つ役柄を担当した彼なら、再び好演を披露してくれることでしょう。

偶然の一致か、新作ドラマの作品名には“キング”というワードが。そして前作で王役(キング)を演じた彼。どうやら、イ・ジュノには“キング”という言葉がぴったりのようです。

果たして『キング・ザ・ランド』でも栄光を手に入れるのでしょうか、気になるところです。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(876件)




キングが似合う男 ジュノ!新作ドラマへの期待と
応援メッセージをコメントしてください。

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs