• Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズはドラマが注目されがちだが、映画にも異なる魅力がある。
  • 特にバイオレンスやノワールのレベルが高く、壮大なスケールとスペクタクルで観る者を魅了する。
  • 本記事では、多くの人を虜にしてやまないNetflix オリジナル映画の累計視聴時間の早見表と、爽快なアクションが見どころとなっているトップ5の作品を紹介する。

多くの韓ドラファンを楽しませているNetflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズ。ドラマが注目を浴びる傾向にあるが、映画も独特の魅力があり熱烈なファンが存在する。

爽やかなロマンスものが目立つドラマとは異なり、犯罪、SF、アクションなど、比較的男性が好むジャンルが多いのが特徴。事実、累計視聴時間TOP8の中で、ラブストーリーをテーマにしているのは『20世紀のキミ』(2022)だけだ。

また生々しく過激な描写も含まれ、バイオレンスやノワールのレベルが高い。目を背けたくなるほどの残虐なシーンが登場することも珍しくなく、どこまでもリアリティーを追求した演出に一度ハマると抜け出せない人も。韓国映画以外では物足りなく感じてしまうほど刺激的だ。

最近はドラマでも同様のタイプの作品が増えつつあるが、映画はそれらとは一線を画しており、段違いのスケールとスペクタクルで観る者を圧倒する。

そこで本記事では韓ドラファンも手を伸ばしやすいNetflix オリジナル映画に限定して、上位8位までの累計視聴時間の早見表と、その中でTOP5にランクインした韓国映画ならではの狂気と美学が光る作品を紹介する。爽快なアクションが見どころの作品揃いだ。

Netflixオリジナル韓国映画 累計視聴時間TOP8
順位 タイトル ジャンル 累計視聴時間
1 カーター アクション 6539万時間
2 キル・ボクスン アクション
サスペンス
6338万時間
3 スペース・スウィーパーズ SF 5334万時間
4 JUNG_E ジョンイ SF 3980万時間
5 夜叉 -容赦なき工作戦- アクション 3652万時間
6 20世紀のキミ ロマンス 3451万時間
7 スマホを落としただけなのに サスペンス 3309万時間
8 ソウル・バイブス アクション 1963万時間

1位:カーター (2022)

カーターと呼ばれる記憶喪失の男が、全世界を震撼させるウイルスの治療薬である”少女”を時間内に確保する任務を与えられたバイオレンスアクション。

特殊要員、CIA、国家情報員、北朝鮮など複数の敵対勢力との戦いを描いているだけに、銃や車、バイク、軍用ヘリコプターを使用した戦闘シーンから、爆破シーンまで盛り込まれあっという間の132分。息つく暇もなく怒涛のアクションがラストまで続く。

二転三転する作りこまれたストーリーはもちろんだが、撮影のために約7kgバルクアップしたというチュウォンの美しい身体と、彼が披露した高難易度アクションから目が離せない。

『カーター』

『カーター』(画像出典:naver movie)

●累計視聴時間:65,390,000時間
●出演:チュウォン、イ・ソンジェ、チョン・ソリ他


カーター(動画出典:Netflix Japan)

2位:キル・ボクスン (2023)

凄腕の殺し屋で、15歳の娘を育てるシングルマザーのキル・ボクスンが、子どものために暗殺者を引退することを決意するのだが、任務を中断したことがきっかけで同業者と暗殺業界全体から命を追われる身となるクライムアクション。

暗殺業界で伝説と言われ恐れられる存在であるキル・ボクスンが、家に帰ると思春期の我が子の子育てに悩む母親という斬新な設定が面白い作品だ。

そしてなんといっても、キル・ボクスンを演じたチョン・ドヨンのあざやかなアクションシーンが印象的。銃をはじめ斧や日本刀など様々な武器を使いこなして、やるかやられるかの戦いを臨場感たっぷりに描き出している。

『キル・ボクスン』

『キル・ボクスン』(画像出典:naver movie)

●累計視聴時間:63,380,000時間
●出演:チョン・ドヨン、ソル・ギョング、キム・シア他


キル・ボクスン(動画出典:Netflix Japan)

3位:スペース・スウィーパーズ (2021)

宇宙ごみの清掃船”勝利号”の船員たちが、ごみの中から大量殺りく兵器で人間型ロボットのドロシーを発見、お金のためにドロシーを引き渡そうと危険な取引に乗り出す過程を描いたSFアドベンチャーアクション。

SF映画の不毛地帯と言われてきた韓国の映画界で、果敢にも製作費240億ウォン(約24億円)をかけ制作された韓国で初めて宇宙を舞台にしたSFものだ。

視聴した人からは、CGのクオリティーの高さに驚いたという声が上がっており、中にはハリウッド映画に負けていないという意見も。

ユーモアに感動、宇宙船での追跡劇や、銃撃戦、悪役まで登場し見どころ満載。ドロシーの意外すぎる正体も見逃せないポイントだ。

『スペース・スウィーパーズ』

『スペース・スウィーパーズ』(画像出典:naver movie)

●累計視聴時間:53,340,000時間
●出演:ソン・ジュンギ、キム・テリ、ジン・ソンギュ他


スペース・スウィーパーズ(動画出典:Netflix Japan)

4位:JUNG_E ジョンイ (2023)

気候の変動によって地球が荒廃し、宇宙に”シェルター”を作って移住することに。しかしシェルター間で戦争が勃発してしまい、内戦を終わらせるために伝説の傭兵ジョンイの脳データを複製、最強の戦闘AIの開発を目指す人々を描いたSFアクションだ。

女戦士の激しい戦闘ものかと思いきや、人間の脳を持つAIに尊厳はあるのか、母娘間の愛をベースにロボットに対する人権について観る者に問いかける内容となっており、ただのSFものではないメッセージ性の高さが特徴。

それでいてアクションシーンもしっかりと描かれ、近未来もの好きの映画ファンも満足させる構成となっている。

『JUNG_E ジョンイ』

『JUNG_E ジョンイ』(画像出典:naver movie)

●累計視聴時間:39,800,000時間
●出演:故カン・スヨンさん、キム・ヒョンジュ、リュ・ギョンス他


JUNG_E ジョンイ(動画出典:Netflix Japan)

5位:夜叉 -容赦なき工作戦- (2022)

スパイたちの最大接戦地区である中国の瀋陽(シンヨウ)市を背景に、” 夜叉(ヤシャ)”と呼ばれる男が率いる国家情報院秘密工作専門ブラックチームと特別監察検事、そして各国の情報部要員の息の詰まる接戦を描いたスパイアクション。

異国の地で繰り広げられる手に汗握るスリリングなスパイ作戦はスピード感たっぷりで、激しいアクションシーンは爽快感をプレゼントする。

ブラックチームの専門性を表現するために銃器36種、銃弾7,700発を使用したという激しいガンアクションにもご注目。

また、ソル・ギョングをはじめパク・ヘスやイエル、ヤン・ドングン、ジニョン(GOT7)など、個性あふれる俳優の熱演とケミストリーも見逃せない。

『夜叉 -容赦なき工作戦-』

『夜叉 -容赦なき工作戦-』(画像出典:naver movie)

●累計視聴時間:36,520,000時間
●出演:ソル・ギョング、パク・ヘス、ヤン・ドングン他


夜叉 -容赦なき工作戦- (動画出典:Netflix Japan)

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(933件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs