• ここ数日急に肌寒くなり、今年ももうすぐでコートが必要な時期が迫っている。
  • 毎年その年のトレンドがあるが、韓国男性の秋冬ファッションの定番といえばロングコートだ。
  • ハーフ丈のダウンジャケットという秋冬の主流をロングコートに一変、定番化させた『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』を振り返る。
『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』は紅葉が美しく秋を象徴するシーンがある

紅葉が美しく秋を象徴する『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』のワンシーン(画像出典:tvN)

もうあと約2週間で11月。ここ数日、朝晩ぐっと冷え込むようになってきた。

1~2週間前までは半袖を着ている人もちらほらいたが、気づけば世間は秋服にシフトチェンジ。長袖を着用しているか、薄手の上着を1枚羽織っている人を見かけるように。コートが必要になる季節もあっという間に訪れそうだ。

おしゃれに敏感な人の中には、もうすでに今年のトレンドを押さえたアウターを手に入れた人もいるのではないだろうか。

韓国も防寒対策を考え始める季節。札幌に近い天候と言われる首都ソウルは、コートを着るにはまだ少し早いが、そろそろ新調を検討する頃だ。

その年ごとに流行りがあるものの、韓国男性の間で秋冬ファッションとして定着しているのがロングコート。中でもクラシックスタイルのものが人気で、今年も一歩街に出ればよく目にする予感が。

以前の主流といえば、ハーフ丈のダウンジャケット。学生から社会人まで年齢問わず、『THE NORTH FACE』をはじめとするアウトドアブランドのアイテムを着用している人がほとんどだったが、ある時期を境にロングコート旋風が巻き起こり、韓国男性のファッションが一変した。

そのきっかけとなったのが、2016年に放送された『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(tvN/以下、トッケビ)だ。

本国では放送開始当初から大きな話題を呼び、ケーブルテレビとしては異例の高視聴率を獲得。韓国のゴールデングローブ賞と称される『百想芸術大賞』で、脚本を務めたキム・ウンスク作家がテレビ部門の大賞に輝くなど、素晴らしい功績を残したドラマだ。

また日本はもちろんアジアを中心に海外でも爆発的ヒットを記録し、いまだ多くのファンが存在する不朽の名作。韓国ドラマを象徴する作品と言っても過言ではない。

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(画像出典:tvN)

そんな作品で主演を務めたコン・ユが、よく着用していたのがロングコートだった。

シックなモノトーンカラーでシンプルなデザインのものから、チェック柄の遊び心を感じさせるものまで様々。いずれも着る人を選ぶデザインだったが、見事なまでにさらっと着こなしており「かっこいい」の一言。モデル顔負けの出で立ちに、女性はもちろん男性まで釘付けになった。

『GIVENCHY』や『HERMES』、『BURBERRY』などハイブランドのものが多く、高価であるにもかかわらず瞬く間に完売。

毎話登場するたびにファッションが熱い視線を浴び、放送当時韓国のネット上には、”コン・ユ ロングコート”や”トッケビファッション”など、彼が着用したコートに関する検索ワードが多数誕生することに。

コン・ユは、『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』でロングコートを着用した

『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』でロングコートを着用したコン・ユ(画像出典:tvN)

2002年の大ヒットドラマ『野人時代』(SBS)をきかっけに、学生の間で一時コートブームが巻き起こったことがあったが、その世代が20代になり、『トッケビ』を観て再びかつてのブームに火を点けたのではないかと言われている。

そして現在まで、秋冬の定番ファッションアイテムとして、韓国男性の間で愛され続けることに。

ドラマの人気により爆発的支持を獲得し入手困難となるケースは、日本でもこれまでに何度かあったがあくまで一時的なもの。定着したケースは少ないのではないだろうか。

コン・ユの影響力の高さには改めて驚かされるものがある。彼がCM業界で活躍し続けている理由は、そこにあるのかもしれない。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(876件)




ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs