• Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズで、Netflixが制作した作品は高確率で世界中から愛されてきた。
  • 日本も例外ではなく多くの韓ドラファンが、新作が発表される度に魅了されている。
  • しかし意外にも一部ドラマファンからは辛口な意見が飛び出した作品を5つ紹介する。

Netflix(ネットフリックス)オリジナルシリーズの中でNetflixが制作を務めた作品は、高い確率で世界中のドラマファンを虜にしてきた。

映画を彷彿とさせるような壮大なスケールの作品や、韓国のトップスターを主演に迎えたものなど、視聴者の興味を引くドラマが多く、新作のニュースが発表されようものなら常に話題の中心に。

それは日本も例外ではない。これまで数々の作品が韓ドラファンを魅了してきた。

しかし感じ方は千差万別、人気と話題をさらった作品が100%称賛されるわけではない。観る人が違えば、感じ方もそれぞれだ。

そこで本記事では、Netflixオリジナルシリーズで累積視聴時間トップ10に入っている作品にもかかわらず、映画やドラマなどのレビューサービスFilmarks(フィルマークス)で日本の一部ドラマファンから意外にも辛口コメントが飛び出したドラマを5つ紹介する。

イカゲーム (2021)

●累積視聴時間/ランキング順位:2,289,500,000時間/1位

『イカゲーム』

『イカゲーム』(写真提供:ⓒ TOPSTAR NEWS、画像出典:Netflix)

何らかの理由により金銭トラブルやお金に困った人が、賞金を目的に命を懸けたサバイバルゲームに参加する物語。

全世界で大ヒットし、それまでの韓国ドラマのイメージを刷新、キャストの中には一躍世界的スターに躍り出た役者もいたほど大きな反響を得た作品だ。

しかし中には、「ここまで支持された理由が分からない」や、「ただ人が死んでいく話」という声が。また、デスゲーム系の作品を複数観た人の中には、「先が読める」などといった意見も上がっている。


(動画出典:Netflix Japan)

今、私たちの学校は… (2022)

●累積視聴時間/ランキング順位:659,510,000時間/2位

『今、私たちの学校は』

『今、私たちの学校は』(画像出典:Netflix Korea公式Twitter)

ゾンビウイルスが広がったある高校で、孤立した者と彼ら彼女らを助けようとする人たちが、先の読めない状況に陥って繰り広げられるゾンビドラマ。

世界中で爆発的人気を博し、配信されるとすぐにNetflixグローバルトップ10テレビ(非英語)部門で1位に。日本でも絶大なる支持を得て、”今日のTV番組TOP10(日本)”に名を連ねた。

ところが一部視聴者はストーリー展開に違和感を覚えたようで、「最初は面白かったのに、後半は引き伸ばした感じがした」という内容の意見がちらほら。

また中には、同ジャンルの『キングダム』シリーズを先に視聴していたため、そこまで本作に対する驚きがなかった人もいたようだ。


(動画出典:Netflix Japan)

ザ・グローリー ~輝かしき復讐~ シリーズ (2022、2023)

●累積視聴時間/ランキング順位:560,990,000時間/3位

『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』

『ザ・グローリー ~輝かしき復讐~』 (画像出典:Netflix Korea 公式Twitter)

高校時代に受けたいじめにより心まで深く傷ついた主人公ドンウンが、人生をかけた復讐劇を繰り広げる物語。

緻密な計画を練り復讐を1つずつ着実に実行していくドンウンの姿に圧倒される作品で、彼女がどのような方法で報復していくのかが大きな見どころだ。またそれと合わせて加害者らの個性溢れるキャラクターと、それを演じる役者の熱演が光ったドラマでもある。

全体的に称賛の声が多い中、ドンウンと加害者グループのルックスに少々ひっかかりを感じた人がみられ、「同い年に見えなくて混乱する」などといった意見が。

また、刺激的な描写が苦手な視聴者の中には、いじめのシーンが生々しく見ることのできなかった人もいたようだ。


(動画出典:Netflix Japan)

ブラッドハウンド (2023)

●累積視聴時間/ランキング順位:164,870,000時間/5位

『ブラッドハウンド』

『ブラッドハウンド』(画像出典:Netflix Korea)

人の命よりもお金が大切な高利貸し業界の世界に巻き込まれた2人の青年が、巨大な悪の勢力と向かい合い命を懸けて戦うアクションスリラー。

主演を務めたウ・ドファンとイ・サンイのキレのよい格闘シーンが見どころで、迫力ある2人のアクションが視聴者の目を引いた。またテンポよく、シリアスとコメディーのバランスが程よいストーリーも高評価。

しかし、バイオレンスな描写に抵抗を感じた人や、後半のストーリー展開が「尻すぼみだった」という意見もあった。


(動画出典:Netflix Japan)

ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え (2022)

●累積視聴時間/ランキング順位:133,510,000時間/8位

『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え』

『ペーパー・ハウス・コリア: 統一通貨を奪え』(画像出典:Netflix)

大人気スペインドラマ『ペーパーハウス』の韓国リメイク版で、南北統一を控えた朝鮮を舞台に、“教授”と呼ばれる天才戦略家を中心に構成された犯罪専門家集団が、南北の共同貨幣を作る造幣局に立てこもり前代未聞の人質強盗劇を繰り広げる物語だ。

Netflix公開後わずか1日でグローバルランキング3位に浮上するなど、世界中から注目された本作。もちろん日本でも多くの人から愛されたのだが、「オリジナル版の方がよかった」という評価も。

このような声が上がるのはリメイク版の定め、中には「原作よりもよかった」や「韓国の要素をうまく取り入れている」といった好意的な意見もあるが、オリジナル版を楽しんだ人の一部は少々物足りなさを感じたようだ。


(動画出典:Netflix Japan)

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(915件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs