• 韓国ドラマは、幅広いジャンルとストーリーで観る者の心を掴んで離さない。
  • 8月も地上波・ケーブル局ともに様々な作品を世に送り出した。
  • 本記事では、8月に放送されたドラマの最高視聴率を早見表にし、ベスト5の視聴率の詳細とあらすじを紹介する。

定番から斬新なものまで、幅広いジャンルとストーリーで視聴者を虜にする韓国ドラマ。

8月も各局の自信作が世に輩出され、本国のお茶の間を楽しませた。

そこで本記事では8月に地上波またはケーブル局で放送された作品で、すでに最終話を迎えた、もしくは折り返し地点に達しているか過ぎたドラマに限定して最高視聴率を調査し早見表にまとめた。

8月韓国ドラマ視聴率早見表
タイトル 放送局 現話数/全話数 最高視聴率
本物が現れた! KBS 48/50 23.9%
蝶よ花よ KBS 111/121 14.7%
優雅な帝国 KBS 19/104 9.9%
復讐の渦~因縁の父娘~ MBC 97/120 6.0%
恋人 MBC 10/20 12.2%
ファースト・レスポンダーズ
緊急出動チーム シーズン2
SBS 10/12 7.1%
国民死刑投票 SBS 4/12 4.1%
悪霊狩猟団:
カウンターズ シーズン2:
カウンターパンチ
tvN 12/12 6.0%
無駄なウソ
-誰にも言えない秘密-
tvN 10/16 3.4%
奇跡の兄弟 JTBC 16/16 3.2%
ヒップタッチの女王 JTBC 8/16 7.4%
ラブ・パッセンジャー
~私たちの恋愛事情~
ENA 12/12 5.5%
長い間、
あなたを待ってきました
ENA 12/14 3.5%


そのうえで、上位ベスト5の視聴率の詳細とあらすじを紹介している。

残念ながら、日本で観ることのできる作品は現時点で僅かだが、今後配信・放送される可能性もあるため、今後の参考にご覧いただきたい。

5位:ヒップタッチの女王 (JTBC)

動物や人のお尻を触るだけで、過去を見ることができるようになった獣医と、農村に左遷されたソウル広域捜査隊への復帰を切に願う熱血刑事が、様々な事件に挑むコミック捜査劇。

全16話構成で現在8話まで放送が終了しており、最高視聴率は7.4%。ここまでほぼ5%台で推移しているが、放送回によっては7%台や6%台にいきなり上昇する傾向が。今後どのような歩みを見せるのか予想のできない作品だ。

日本ではNetflixで配信されるやいなや、”今日のTV番組TOP10(日本)”で1位にランクイン。一時は連日にその座を守っていた。

『ヒップタッチの女王』

『ヒップタッチの女王』(画像出典:JTBC)

●韓国での最高視聴率:7.4%/第6話
(全16話中8話まで放送終了時点)

●出演:ハン・ジミン、イ・ミンギ、スホ(EXO)他

●配信媒体:Netflix (2023年9月4日現在)


動画出典:YouTube Netflix Japan

4位:優雅な帝国 (KBS)

芸能界を背景に、巨大エンターテインメント会社の会長の陰謀によって踏みにじられた正義と隠された真実、失った人生を取り戻すため、2人の男女が繰り広げる復讐を描いたブラックコメディー。

全104話からなり、現在19話までしか放送が終了していないものの、一般的なドラマであればもう最終話を迎えている頃のため本作もランキング調査の対象とした。

現段階での自己最高視聴率は9.9%、毎日平日にお茶の間を楽しませる部類のドラマにしては伸び悩んでいる様子だ。

『優雅な帝国』

『優雅な帝国』(画像出典:KBS)

●韓国での最高視聴率:9.9%/第16話
(全104話中19話まで放送終了時点)

●出演:キム・ジヌ、ハン・ジワン、カン・ユル、ソン・ソンユン他

●配信媒体:未定 (2023年9月4日現在)


動画出典:YouTube KBS Drama

3位:恋人 (MBC)

恋人関係になるも丙子の乱によってすれ違ってしまった非婚主義者の男性と、愛する人と生涯を共にしたい女性、そして民の生命力を描いたヒューマン歴史メロドラマ。

さすが韓国を代表する俳優ナムグン・ミンの主演作とあって、最終話でなんと最高視聴率12.2%を叩き出した。第1話は5.4%でスタートし一時4.3%まで落ち込んだものの見事に回復、2桁台まで引き上げることに成功した。

視聴者の口コミによって徐々に、支持を得ていったと言われている。

『恋人』

『恋人』(画像出典:MBC)

●韓国での最高視聴率:12.2%/第10話・シーズン1最終回

●出演:ナムグン・ミン、アン・ウンジン、チョン・スジン他

●配信媒体:未定 (2023年9月4日現在)


動画出典:YouTube MBCdrama

2位:蝶よ花よ (KBS)

妻が行方不明となりシングルファザーになった男性と中二病の娘が、共に成長していく姿を描いた笑いあり涙ありの物語。

全121話で第111話まで放送されており最高視聴率は14.7%。それ以外の放送回も全て2桁台に達しているものの、20%が基本と言われているイルイルドラマにしては少々残念な状況が続いている。

その主な理由はストーリー展開の遅さや、好感を持てない登場人物のキャラクター、主人公のロマンスが進展しない点にあるようだ。

『蝶よ花よ』

『蝶よ花よ』(画像出典:KBS)

●韓国での最高視聴率:14.7%/第21話
(全121話中111話まで放送終了時点)

●出演:ソ・ジュニョン、ユン・ダヨン、キム・シフ他

●配信媒体:未定 (2023年9月4日現在)
(※KBS Worldで現在放送中)


動画出典:YouTube KBS Drama

1位:本物が現れた! (KBS)

お腹の中の赤ちゃんを巡って繰り広げられるシングルマザーと非婚主義の医師の偽契約ロマンスと、妊娠から出産、育児によって成長していく2人の姿を描いたラブコメホームドラマ。

最終話まで残すところあと2話となった現在、最高視聴率は23.9%で前出の作品とは頭一つぬけている。しかし、本作が編成された土日の夜8時から放送されるKBSの週末ドラマ枠は20%を超えても「大コケ」と言われる世界。8月放送のドラマの中では今のところ視聴率トップだが、作品自体の評価はそこまで高いとはいえないのが事実だ。

『本物が現れた!』

『本物が現れた!』(画像出典:KBS)

●韓国での最高視聴率:23.9%/第36話
(※全50話中48話まで放送終了時点)

●出演:ペク・ジニ、アン・ジェヒョン、チャ・ジュヨン他

●配信媒体:未定 (2023年9月4日現在)
(※KBS Worldで現在放送中)


動画出典:YouTube KBS Drama

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(971件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs