• 朝晩過ごしやすい温度になり、理由もなくセンチメンタルな気持ちになる秋がもうすぐそこまでやってきた。
  • そんな季節には、明るい作品よりも自分の気持ちにリンクした感傷的な気分に浸れるドラマを探す人も多いだろう。
  • 本記事では、BS・CSで放送予定の泣ける韓国ドラマベスト5を紹介する。

暑い夏が終わり来週からはもう9月、朝晩は少し気温が下がり徐々に秋めいてきた。

なぜか物悲しく、センチメンタルになりやすい季節がもうすぐそこまで来ている。

そんな時期には、自分の気分にマッチした切なく感傷的になれる作品を探す人もいるのではないだろうか。

そこで本記事では、BS・CSで今後放送予定の泣ける韓国ドラマを紹介する。

Googleユーザーの評価が85%以上、かつ映画やドラマのレビューサイト filmarks(フィルマークス)で口コミ評価4点以上、レビュー数100以上の作品を選出しベスト5を調査した。

5位:マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~ (2018)

韓ドラファンはもちろん、日本の著名人からも絶大なる支持を得る本作は、不遇な人生を歩んできた1人の女性と、報われない日々を送る”おじさん三兄弟”が出会い関わる中で、互いに癒されていくヒューマンドラマ。

過酷な状況下に置かれても必至で生きようとする登場人物の姿や、思わず涙がこぼれてしまうほど胸に響くセリフ、温かな思いやりの数々に感動する人が続出した作品だ。

近年希薄になりつつある人と人の繋がりを描くとともに、理不尽な社会に疲れた人の心にそっと寄り添うようなストーリーとなっている。

『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』

『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』(画像出典:tvN )

●Filmarks評価:★4.4/5.0 レビュー評価数 2112件
●Googleユーザー評価:86%
●放送チャンネル:日テレプラス/9月11日スタート予定
●出演:イ・ソンギュン、IU(アイユー)、コ・ドゥシム、パク・ホサン、ソン・セビョク他


マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~(動画出典:コンテンツセブン)

4位:ボーイフレンド (2018)

政治家の娘として生まれ政略結婚するなど、一度も自分の人生を歩んだことのないホテルの女性CEOスヒョンと、平凡だが小さな幸せを大切に生きる青年ジニョクが出会って繰り広げる年上女性×年下男子の切ないラブストーリー。

心優しくまっすぐに自分の想いを伝えるジニョクがスヒョンの心の傷を癒し、彼女の凝り固まった考え方を溶かしていく過程が大きな見どころで、スヒョンが自分の素直な気持ちに気づくシーンは感動すること間違いなし。

観ているこちらの胸が張り裂けそうになる2人が迎える結末とは‥。

『ボーイフレンド』

『ボーイフレンド』(画像出典:tvN)

●Filmarks評価:★4.0/5.0 レビュー評価数 1218件
●Googleユーザー評価:87%
●放送チャンネル:ホームドラマチャンネル/9月26日スタート予定
●出演:ソン・ヘギョ、パク・ボゴム


ボーイフレンド(動画出典:NBCユニバーサル アジア)

3位:星から来たあなた (2013)

素性を隠し大学講師として生きる宇宙人のト・ミンジュンと、わがままだが憎み切れないスター女優チョン・ソンイが出会って繰り広げるファンタジーロマンチックコメディー。

宇宙人との恋という非現実的な設定だが、あっという間に観る者をドラマの世界観に引き込む不思議な魅力を持ち、中華圏を中心に主にアジアで大旋風を巻き起こした作品だ。

序盤はコメディー要素が多めだが、主人公の2人が互いの気持ちを確認し合ってからは切ないラブストーリーが視聴者を釘付けに。なぜなら、ト・ミンジュンが地球にいられる期限が迫っているから。

愛し合っているにもかかわらず一緒にいられる時間は残りわずか、感動のラストは涙なしには観られないだろう。

『星から来たあなた』

『星から来たあなた』(画像出典:SBS)

●Filmarks評価:★4.2/5.0 レビュー評価数 1288件
●Googleユーザー評価:93%
●放送チャンネル:テレ朝チャンネル/8月29日再放送スタート予定
●出演:キム・スヒョン、チョン・ジヒョン、パク・へジン、ユ・インナ他


星から来たあなた(動画出典:NBCユニバーサル アジア)

2位:赤い袖先 (2021)

聖君になろうと重圧に耐え抜く朝鮮第22代国王イ・サンと、聡明で芯の強い宮女ドクイムの切ない愛を描いた本格時代劇ロマンス。

韓ドラ時代劇の定番、”身分の違い”が視聴者の心を虜にし、大きな壁を前に苦悩する2人の姿に感情移入して目を赤くした人が多かった作品だ。

女官だが王の言いなりになるのではなく自分の生きる道は自ら選択したかったドクイム、一方1人の人間としてよりも王として生きざるを得なかったイ・サン。両者の立場や考え方の違いが、2人の関係性にどのように影響してくるのか大号泣必至の物語となっている。

『赤い袖先』

『赤い袖先』 (画像出典:MBC)

●Filmarks評価:★4.2/5.0 レビュー評価数 361件
●Googleユーザー評価:94%
●放送チャンネル:ホームドラマチャンネル/9月14日再放送スタート予定
●出演:イ・ジュノ(2PM)、イ・セヨン、カン・フン、イ・ドクファ他


赤い袖先(動画出典:KNTV)

1位:太陽の末裔 Love Under The Sun (2016)

多くの人を感動の渦に巻き込んだ不朽の名作『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』(tvN/2016)を手掛けた、名脚本家キム・ウンスク作家の作品。

何かを守るため、時に人の命を奪う軍人のシジンと、人の命を救うのが職業の医師モヨンという異なる価値観を持った2人が繰り広げる壮大なラブストーリーだ。

胸キュンシーンが注目を浴びがちだが、ハンカチなしでは観ることのできない場面も散りばめられており、中でもシジンの死亡説が流れてからの展開は、先がある程度読めていても思わず涙してしまった人が多かったとか。

紛争地域を舞台に、死と隣り合わせのシチュエーションが2人の恋物語をより一層盛り上げた。

『太陽の末裔 Love Under The Sun』

『太陽の末裔 Love Under The Sun』(画像出典:KBS)

●Filmarks評価:★4.4/5.0 レビュー評価数 2452件
●Googleユーザー評価:95%
●放送チャンネル:BS Japanext/9月7日スタート予定
●出演:ソン・ヘギョ、ソン・ジュンギ、チン・グ、キム・ジウォン他


太陽の末裔 Love Under The Sun (動画出典:BS Fuji Official Channel)

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(876件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs