• 今年6月にスタートした韓国ドラマは、し烈な視聴率争いを繰り広げることが予想されていた。
  • しかし、ほとんどの作品が折り返し地点にきた現在、当初期待されていたほどの激しいバトルもなければ、各作品驚くべき視聴率も叩き出していない。
  • 期待値が上がりすぎていたのだろうか、若干肩透かしを食らったような現状をまとめた。
6月スタートの新作ドラマは、今年最も激戦を繰り広げることが予想されていた

今年最も激戦を繰り広げることが予想されていた6月スタートの新作ドラマ(画像出典:tvN、SBS、JTBC)

今年最も激戦を繰り広げることが予想されていた6月スタートの新作ドラマ。

先日Danmee(ダンミ)では、各作品の話題性や2話までの視聴率からその好調な滑り出しを紹介した。

(関連記事)今韓国で最も話題の新作ドラマ6作の滑り出しは? 早速格付けを発表!

しかしあれから約2週間弱が経った現在、意外にもそこまで高い視聴率を叩き出している作品がない。

決して悪い数字ではなく2桁を記録したものもあるが、現時点でヒット作の基準となる15%に達したドラマは皆無。世間の期待値が上がりすぎてしまったのだろうか、残念ながら”名物にうまいものなし”ということわざがぴったりな状況だ。

とはいえ、まだ戦いが終わったわけではない。中には残すところ1話で最終回を迎える作品もあるが、ほとんどがほぼ折り返し地点に達したばかり。

本記事では、大戦に参戦している作品の中間成績をまとめた。

ニールセン・コリアが発表した全国有料世帯基準視聴率と、GoodData(グッドデータ)コーポレーションが公開しているオンライン話題性に関するデータを基に紹介する。

悪鬼

『悪鬼』(SBS)は第2話で早くも視聴率10%に達したことから、今後さらに右肩上がりで伸びていくことが期待されていた作品だ。

『悪鬼』

『悪鬼』(画像出典:SBS)

しかし第3話で11%を獲得したのを最後に緩やかな加工曲線を描き、折り返し地点となる第6話では9.5%で1桁台にダウンしてしまった。

ただし話題性占有率は21.7%となっており、『キング・ザ・ランド』に次いで2位に。1位の座は譲ったものの、まだ視聴者からは大きな関心を得ているようだ。

7月11日現在、全12話中第6話まで放送終了。

●現在視聴可能な動画配信サービス:Disney+


悪鬼

(関連記事)「悪鬼」今年最も早いスピードで視聴率10%突破!薄気味悪いストーリーとは

キング・ザ・ランド

大戦に参戦中の作品の中で最も高い視聴率を叩き出しているのが『キング・ザ・ランド』(JTBC) 。

『キング・ザ・ランド』

『キング・ザ・ランド』(画像出典:npioエンターテインメント、BY4Mスタジオ、SSL)

5%でスタートした本作は、第7話で若干落ち込むも着実に成績を上げ、折り返し地点の第8話で最高視聴率12.3%を叩き出している。

しかも話題性占有率は30.39%、ドラマの話題性ランキング2位の『悪鬼』に大きな差をつけて1位を獲得している。

このまま駆け抜ければ、本作が大戦の勝者となるだろう。

7月11日現在、全16話中第8話まで放送終了。

●現在視聴可能な動画配信サービス:Netflix


キング・ザ・ランド

(関連記事)JTBC「キング・ザ・ランド」6月17日スタート! 期待ポイントと不安要素

生まれ変わってもよろしく

人気の転生ものにラブストーリーをミックスさせるという、ヒットが約束されたも同然の『生まれ変わってもよろしく』。

『生まれ変わってもよろしく』

『生まれ変わってもよろしく』(画像出典:tvN)

tvNが満を持して世に送り出した作品で、同じロマンスものである『キング・ザ・ランド』との接戦が期待されていたが、残念ながら一度も1桁台を抜け出したことがない。

全12話構成で現在第8話まで放送されており、最高視聴率は第4話の5.7%。以降、ほぼ4%台で推移している状況だ。

話題性の面では4位で、順位だけでみると比較的上位ではあるのだが、話題性占有率が7.03%であることから、『キング・ザ・ランド』や『悪鬼』との間には大きな壁が。ここから大きく巻き返すのは難しい状況だ。

7月11日現在、全12話中第8話まで放送終了。

●現在視聴可能な動画配信サービス:Netflix


生まれ変わってもよろしく

ナンバーズ:ビルの森の監視者たち

全国地上波のMBCがプライドをかけて輩出した『ナンバーズ:ビルの森の監視者たち』。

『ナンバーズ:ビルの森の監視者たち』

『ナンバーズ:ビルの森の監視者たち』(画像出典:MBC)

女性を主人公にしたドラマが好評を得る傾向にある昨今、あえて男性をメインにした物語で勝負に出たようだが、現時点で成績はまずまずといった状況だ。

現在折り返し地点にきているが、第3話の4.7%が自己最高視聴率。第4話からは最新話の第6話まで3%台で推移している。

また話題性占有率は、放送がスタートした当初4.92%で7位だったが現在は3.35%で9位に。視聴率、話題性ともにダウンしてしまった状況だ。

7月11日現在、全12話中第6話まで放送終了。

●現在視聴可能な動画配信サービス:配信未定


ナンバーズ:ビルの森の監視者たち

お嬢さんドゥ・リアン

『結婚作詞 離婚作曲』シリーズを手掛けたイム・ソンハン作家が脚本を務めた『お嬢さんドゥ・リアン』(TV CHOSUN)。

『お嬢さんドゥ・リアン』

『お嬢さんドゥ・リアン』(画像出典:TV CHOSUN)

同作家の作品は、話数を重ねるごとに視聴率が上昇する傾向があるが、本作は全16話のうち第6話まで放送が終了しているものの、現段階でその兆しがない。3%台と4%台を行き来する状況が続いており、最新話の4.6%が最高視聴率だ。

また話題性占有率は3.02%で、ランキング最下位の10位。残り10話で巻き返していくのだろうか、今後の展開が気になる作品だ。

7月11日現在、全16話中第6話まで放送終了。

●現在視聴可能な動画配信サービス:配信未定


お嬢さんドゥ・リアン

(関連記事) 日本人には「ハマるとヤバイ味」怪人イム・ソンハンの泥沼劇 韓ドラ 5選

庭のある家

久しぶりにドラマ復帰するキム・テヒと、『ザ・グローリー~輝かしき復讐』シリーズで一躍脚光を浴びたイム・ジヨンの共演作。残すところ最終話のみとなっている。

『庭のある家』

『庭のある家』(画像出典:KTスタジオgenie)

話題性抜群の2人を主演に迎えたのが功を奏したのだろうか、最高視聴率は2.5%で他の作品と比較すると最も低いが、話題性占有率は7.08%を獲得して3位の座に。僅差だが、『生まれ変わってもよろしく』を抜いている。

話題性の面では申し分ないことから、有料であるケーブルテレビではなく、かつ数字を持った放送局で放送されていれば、高視聴率を叩き出す可能性があっただろう。

7月11日現在、全8話中第7話まで放送終了。

●現在視聴可能な動画配信サービス:配信未定


庭のある家

(関連記事)「庭から遺体の匂いがする」完璧な暮らしをする女性を襲った不幸・・新作韓ドラ「庭のある家」

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(937件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs