俳優ナム・ジュヒョクとmiss A出身の女優ペ・スジ主演の新ドラマ『スタートアップ』が話題だ。豪華キャストはもちろんだが、中でも登場人物の役名に注目が集まっているようだ。

俳優ナム・ジュヒョクと女優ペ・スジ主演の新ドラマ『スタートアップ:夢の扉』(以下:スタートアップ)が、10月17日(土)より韓国tvNで初回放送され、Netflixでも配信される予定だ。

『スタートアップ』は、韓国のシリコンバレー(ソーシャルメディア企業の集積地)と呼ばれるサンドボックスでの成功を夢見る若者たちの始まり(スタート)と成長(アップ)を描くドラマで、ペ・スジは韓国のスティーブ・ジョブズを夢見るしっかり者のソ・ダルミ役に抜擢され、ナム・ジュヒョクは”サムサンテック”の創業者で、左脳型人間のナム・ドサン役を演じることになる。

(関連記事)下半期の’梨泰院クラス’になれるか?ナム・ジュヒョク 主演 ‘スタートアップ’

ペスジ、ナムジュヒョク主演『スタートアップ:夢の扉』

ペ・スジ、ナム・ジュヒョク主演『スタートアップ:夢の扉』(画像出典:『スタートアップ』公式HP)

このように、豪華キャストが話題を集めている中で、オンライン上では登場人物の名前が注目を集めている。出演俳優の役名が実在する地下鉄の駅名と同じためだ。

ペ・スジが演じるソ・ダルミは、京畿道・安山市を走る西海線のタルミ(ダルミ)駅、ナム・ジュヒョクが演じるナム・ドサンは光州(クァンジュ)都市鉄道1号線のトサン(ドサン / 道山)駅と同じ名前だ。

ソダルミ役を演じるペスジ

ソ・ダルミ役を演じるペ・スジ(画像出典:マネジメントSOOP、NAVER 地下鉄)

ナムドサン役を演じるナムジュヒョク

ナム・ドサン役を演じるナム・ジュヒョク(画像出典:マネジメントSOOP、NAVER 地下鉄)

また、その他のキャスト、tvNドラマ『愛の不時着』でヒョンビンの部下を演じて一躍名を広めたユ・スビン演じるイ・チョルサンは、ソウル地下鉄7号線のチョルサン(鉄山)駅。

イチョルサン役を演じるユスビン

イ・チョルサン役を演じるユ・スビン(画像出典:JWIDECOMPANY、NAVER 地下鉄)

キム・ドワンが演じるキム・ヨンサンも、ソウル地下鉄4号線のヨンサン(龍山)駅。

キムヨンサン役を演じるキムドワン

キム・ヨンサン役を演じるキム・ドワン(画像出典:awesome.ent、NAVER 地下鉄)

ソン・ソンミが演じるチャ・アヒョンは、ソウル地下鉄2号線のアヒョン(阿峴)駅。

チャアヒョン役を演じるソンソンミ

チャ・アヒョン役を演じるソン・ソンミ(画像出典:vibeactors、NAVER 地下鉄)

キム・ソンホが演じるハン・チピョンは、京畿道・楊平(ヤンピョン)にある韓国鉄道公社(KORAIL)中央線のチピョン(砥平)駅。

ハンチピョン役を演じるキムソンホ

ハン・チピョン役を演じるキム・ソンホ(画像出典:SALT.ent、NAVER 地下鉄)

ステファニー・リーが演じるチョン・サハは、釜山地下鉄1号線の沙下(サハ)駅と同じ名前だ。

チョンサハ役を演じるステファニーリー

チョン・サハ役を演じるステファニー・リー(画像出典:VAST.ent、NAVER 地下鉄)

ネット上では、意図的に役名を地下鉄の駅にしたのではないかと推測の声もあがり、これに『スタートアップ』側は各種韓国媒体に「登場人物の名前を意図的に地下鉄の駅名にしたことは間違いない。今回のドラマの素材が”スタートアップ(新しいビジネスモデルで急成長を目指すベンチャー企業)”なので、特定人物を連想させたり、誤解を避けるために駅名を使用している」と伝えた。

韓国旅行などで地下鉄に乗ったことのある韓国ドラマファンにとっては、耳にしたことのある駅名が出てくるため、新たな面白味に繋がるかもしれない。

過去に、ドラマ『賢い医師生活』『応答せよ』シリーズでは、登場人物の名前が実際の野球選手の名前と同じで、野球選手を連想させると注目を浴びたことがある。ドラマの展開に大きな影響は与えなかったが、視聴者たちからは親近感が感じられると好評を得たため、『スタートアップ』の役名もドラマを盛り上げる相乗効果の要素になるのか期待される。

“若者が夢に向かって奔走するストーリー”ということで、第2の『梨泰院クラス』とも言われている『スタートアップ』。今年下半期のヒット作となるのか放送前から関心が高まっている。