• tvNドラマ『イルタ・スキャンダル〜恋は特訓コースで〜』が、ロマンスとスリラーをミックスしたスト-リーで日本の視聴者を楽しませている。
  • しかし残り数話で最終回、“イルタ・スキャンダルロス”になるのではないかと心配している人は多いのではないだろうか。
  • そこで本記事ではそんな韓ドラファンのために、おすすめのロマンススリラー作品を4つご紹介。
tvNドラマ『イルタ・スキャンダル〜恋は特訓コースで〜』は、最終回までカウントダウンが始まった

最終回までカウントダウンが始まった、tvNドラマ『イルタ・スキャンダル〜恋は特訓コースで〜』(画像出典:tvN)

tvNドラマ『イルタ・スキャンダル〜恋は特訓コースで〜(以下、イルタ・スキャンダル)』の最終回まで、カウントダウンが始まりました。

現在、Netflix(ネットフリックス)で配信中の本作、連日のように“今日の総合TOP10(日本)”で1位を記録し、ロマンスにスリラーを含めた斬新なストーリーで日本の韓ドラファンを楽しませています。

しかし早くも残すところあと数話、名残惜しく感じている人は多いのではないでしょうか。

そこで本記事では、「“イルタ・スキャンダルロス”になるのではないか」と心配する韓国ドラマファンにおすすめのロマンススリラー作品を4つご紹介。

皇后の品格 (2018)

大韓帝国という架空の世界を舞台に、ある日当然皇帝に嫁ぐことになったミュージカル女優が、宮廷内の絶対権力と戦って大王大妃殺人事件をきかっけに皇室を倒し、真実の愛と幸せを探す物語。

『皇后の品格 (2018)』

『皇后の品格 (2018)』(画像出典:SBS)

皇帝役を務めるシン・ソンロクと、王宮に勤務する警備員に扮したチェ・ジニョクが、チャン・ナラ演じるオ・サニーを巡って繰り広げる三角関係が見所の1つで、徐々に加速していくスリリングな王宮内の権力争いからも目が離せない作品となっています。


皇后の品格 (2018)

椿の花咲く頃 (2019)

シングルマザーであることから偏見にさらされているドンベク(コン・ヒョジン扮)を、「愛があればすべてオッケー」と無条件に応援し、ひたむきにアプローチする熱血漢の警察官ヨンシク(カン・ハヌル扮)の爆撃型ロマンス。

『椿の花咲く頃』

『椿の花咲く頃』(画像出典:KBS2)

コメディータッチのラブストーリーかと思いきや、田舎町で起こった連続殺人事件が物語を通して暗い影を落とし、ヨンシクは犯人捜しに奔走。ラブロマンスとスリラー要素が絶妙なバランスの1作です。


椿の花咲く頃 (2019)

彼はサイコメトラー -He is Psychometric- (2019)

心に傷を負い秘密を持った孤独な女性ユン・ジェインと、火災事件で家族を失ったのをきっかけに触れた相手や物の記憶を読み取ることのできるサイコメトリー能力を手に入れた男イ・アンが出会い、過酷な運命に立ち向かう切なくも甘い物語。

『彼はサイコメトラー -He is Psychometric- (邦題/2019)』

『彼はサイコメトラー -He is Psychometric- (邦題/2019)』(画像出典:tvN)

イ・アン役をGOT7のパク・ジニョンが務め、女性ヒロインとの爽やかな恋愛模様を描きつつも、火事の真相に迫り自身の能力を駆使して未解決事件を紐解いていくストーリーとなっています。


彼はサイコメトラー -He is Psychometric- (2019)

アビス ABYSS (2019)

命を落とした者を生き返らせることのできる不思議な玉“アビス”によって、生前とは全く異なる姿に生まれ変わったミン(アン・ヒョソプ扮)が、何者かに殺害された旧友のセヨン(パク・ボヨン扮)をアビスで復活させることから始まる物語。

『アビス ABYSS (邦題/2019)』

『アビス ABYSS (邦題/2019)』(画像出典:tvN)

共にセヨンを殺した犯人を追いながら、次第に距離を縮めていく恋模様と、そんな2人に冷酷な殺人鬼の魔の手が迫るスリリングな展開から目が離せない作品となっています。

また昨年、世の女性をときめかせた『社内お見合い (2022)』とは、一味異なるアン・ヒョソプの魅力が味わいたい方におすすめの1作です。


アビス ABYSS

ロマンスとスリラーという異なるジャンルが融合し、一気に2つの要素を楽しめる作品の数々。

『イルタ・スキャンダル』にハマった人は、ぜひこの機会にご覧になってはいかがでしょうか。

複数の要素がミックスされた、韓ドラならではの面白さを満喫できること間違いなしです。

西谷瀬里

韓国ドラマが大好きな西谷です。現在はK-POP関連の記事を主に投稿しておりますが、韓ドラの魅力や、俳優&女優さんの活躍も随時紹介していきたいと思います。あらゆる年代の読者の方に、楽しんでいただける記事が届けられたらなという思いです。

記事一覧を見る(557件)





ご意見を自由にコメントしてください!

記事に関するご意見や情報提供はこちらのフォームをご利用ください。

編集部おすすめ記事blank

サイトの広告について

Danmee(ダンミ)は、収益化の一環としてオンライン広告を展開しております。広告の内容(公序良俗を害するもの)や、可読性の低下につながる広告に関するご意見はこちらのフォームをご利用ください。

この記事と関連度が高いトピック

現在読まれています!

最新記事

RECENT TOPICs